読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 10 (ビームコミックス)

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 10 (ビームコミックス)

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 10 (ビームコミックス)

作家
おおひなたごう
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-03-12
ISBN
9784047350441
amazonで購入する Kindle版を購入する

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 10 (ビームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

縞子

口の中でおかずとご飯を混ぜるか?!私は混ぜたり、混ぜなかったり。塩鯖や焼き魚は混ぜて中和させたいけど、肉系はそうでもないような。このマンガ読むと、熱くなるようなこだわりのない自分がちょっと悔しくなる…笑。

2020/12/20

みかん

口内調味なんて初めて聞いたぞ!折角お箸の持ち方練習してプロポーズしたのに、そこは譲れないのか!?ジロちゃん!!

2018/04/10

HK

さまざまな「食事のしかた」にフォーカスしてきた本作だが、今回は「箸の使い方」「口内調味(おかずとごはんを同時に口に入れる食べ方)」という普遍的な内容で、ストーリーがクライマックスに差し掛かっていることとあいまって、ラスボス感のあるテーマ選択であるように感じる。

2018/03/14

葉桜

口内調理、、、久しぶりにこの漫画で鳥肌たった。こんなに続いているのにまだ鳥肌たつテーマがあるとは。私も千夏と同意見。「おかずとごはん一緒に入れるの行儀悪いとか思ったことない!」でも試してみようかなぁ、非口内調理。。。

2018/04/13

davi

壮絶な展開にならざるを得ない2つのネタ。箸が思ったよりさらりと流れたと思ったら…。目玉焼きのネタがサラリと振れられたいたので一巻を手にとって見ると、くどくない展開もそうだけど、今巻での整合性が取れていることにちょっとビックリ。

2018/03/16

感想・レビューをもっと見る