読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死夢

死夢

死夢

作家
小笠原慧
出版社
角川グループパブリッシング
発売日
2009-03-26
ISBN
9784048739344
amazonで購入する

死夢 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ブルームーン

怖いタイトルに惹かれて読んでみたけど、正直がっかり。なんで20年も経ってからあんな事が起こるのか。志木は性格悪すぎだし、頭いいくせに忘れっぽいし、読んでいてイライラ。

2014/08/07

たこやき

早い段階でオチは予想がつく割に、肝心な「なぜ、今なのか?」とか、「突然死が多い土地柄」との関係性とか、そういうところはすべて投げっぱなし。物語上、特に必要性があると思えない、やたらと濃密な性描写はただ不愉快。一言で言えば、駄作。岡田尊司の名で「ゲームの暴力描写が子供を犯罪に駆り立てるから法規制しろ」という著者が、こんな暴力描写ばかりの小説を連発するのは理解不能。

2009/08/22

トモ。

主人公の男性は、女性を見るとエロいことをすることしか頭にないのかよー、と言う印象しか残らなかったぞー。

2014/12/10

neighbors

『その夢を見たら、あなたは死んでしまいます』という帯に惹かれて読んでみましたが、期待しすぎました。これといった恐怖どころもなく、微妙です。ストーリー構成にも疑問を感じました。

2011/07/14

愛梨花

初、小笠原慧。で?っていう感じ。なんで今なのかとか、全く触れてない。オチもすぐわかるし、主人公も好めない。もうこの人の本読まないかも。

2010/09/15

感想・レビューをもっと見る