読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

老いの正体 認知症と友だち

老いの正体 認知症と友だち

老いの正体 認知症と友だち

作家
森村誠一
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-03-23
ISBN
9784048765176
amazonで購入する

老いの正体 認知症と友だち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

森村 誠一は数十年間、読み続けている作家です。著者も90歳手前、認知症も一部発生し、流石に自力だけでは作品が書けなくなっているようです。もしかしたらラストの作品かも知れません。 https://www.kadokawa-zaidan.or.jp/product/302112000216.html

2022/05/20

ヒデミン@もも

森村誠一さんの作品は、過去に随分読んだ。しっかりされた知識豊富な印象。誰にでも平等に死は訪れる。老いを感じると言うことは、ある意味長く生きてる証。取り敢えず日々を後悔しないように生きていこうと思う。

2022/06/18

NAGISAN

『母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?』by森村誠一『人間の証明』。人は必ず老い、死ぬ。尊敬される老人になるための2点は、➀健康な心身を持つこと、②なんらかの形で社会に関わり続けること、と言う。こう書くと凡庸な言葉であるが、本書の中で、90歳の氏は人生の先輩として、やさしく励ますように具体例をあげて語りかける。

2022/05/28

Sophie

年齢を重ねる事に、漠然とした恐怖を持っていましたが、少し気持ちが楽になりました。自分次第なんだなと。私もまだまだ、いつまでも青春を楽しみたいです。

2022/05/07

感想・レビューをもっと見る