読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひだまりで彼女はたまに笑う。 (電撃文庫)

ひだまりで彼女はたまに笑う。 (電撃文庫)

ひだまりで彼女はたまに笑う。 (電撃文庫)

作家
高橋徹
椎名 くろ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-10
ISBN
9784049138399
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひだまりで彼女はたまに笑う。 (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

芳樹

【電子】普段無表情の同級生・楓が見せた不意の笑顔に一目惚れしてしまった伊織が奮闘する学園青春ラブコメ。楓の言動がとにかく可愛いのはヒロインだから当然として、楓から冷たい言葉を投げつけられても一途に頑張る主人公の伊織がなんとも可愛らしいじゃないですか。近づいたりトラブルが起きたりしながらも、二人の仲がじっくり進展していくという王道展開ではありますが、キャラクタの光る個性が魅力的で、ちょっと不器用な二人のことを温かく見守るような気持ちで読める優しい物語でした。伊織の想いは楓に届くのか。続きがとても楽しみです。

2021/06/15

よっち

高校生活初日の朝、銀髪碧眼の少女・涼原楓と猫が相対している場面に遭遇した佐久間伊織。同じクラスとなった表情の乏しい少女を笑顔にさせる、甘くも焦れったい恋の物語。学校ではほとんど感情を表に出さない楓。だからこそ偶然目にする彼女の笑顔にたびたびハートを撃ち抜かれる伊織。彼女にパパラッチ呼ばわりされ、楓の親友・美鈴や周囲に生温かく見守られながら、少しずつ距離を詰めてゆく好青年・伊織が、可愛い妹と猫で楓を家に呼ぶ展開もほんわかしていてよかったですし、苦難に寄り添って一歩近づいた二人のこれからがとても楽しみですね。

2021/06/10

しぇん

惚れたもの負け。殆ど一目ぼれしてしまった主人公の奮闘記でしょうか。冷たくあしらわれてもめげない主人公強いですね。ただ、全体的にややあっさり風味ですかね

2021/06/13

オセロ

高校入学の朝、佐久間伊織が公園で猫に話しかける銀髪碧眼の美少女の鈴原楓と出会ったことがキッカケに始まる青春ラブコメ。 学校ではなかなか笑顔を見せない楓が親友の美鈴に時折見せる笑顔を見る度に伊織が惹かれていく様子が微笑ましいですし、伊織が美鈴や友人の湊の協力を受けてなんとか楓を笑顔にさせようと努力する姿には好感が持てましたね。そんな2人が伊織の妹のひよりを交えて飼っている猫の話で打ち解けたり、苦難を共に乗り越えたりして、楓が自分の気持ちに気づいたようなので今後の展開が楽しみです。

2021/06/11

わたー

★★★★☆思いがけず見てしまった彼女の笑顔に惚れた主人公と、親しい人の前でしか笑うことのない少女とのラブコメ。普段は不愛想だけど、時折見せる笑顔が素敵な女の子が嫌いな男子などいない。舞台設定はいたってオーソドックスながらも、「化物語」にインスパイアされたという会話劇の妙が非常に心地よかった印象。主人公の、嫌味に感じない絶妙なレベルのお調子者感が、彼女が徐々に絆されていくのも無理もないなと思えるほどでよかった。ラストの展開で両片想いテイストもでてきたので、シリーズ化してくれると嬉しい。

2021/06/29

感想・レビューをもっと見る