読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小料理屋「春霞亭」 かりそめ夫婦の縁起めし (メディアワークス文庫)

小料理屋「春霞亭」 かりそめ夫婦の縁起めし (メディアワークス文庫)

小料理屋「春霞亭」 かりそめ夫婦の縁起めし (メディアワークス文庫)

作家
江中みのり
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-21
ISBN
9784049139587
amazonで購入する Kindle版を購入する

小料理屋「春霞亭」 かりそめ夫婦の縁起めし (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツン

読み始めたときはなんか、二人とも性格悪いなと思っちゃったけど、本当はそうじゃなかったのか、二人が変わっていったのか。いい面が出てきたのかな。変わっていく二人が見られて良かったです。

2022/02/10

のんちゃん

結婚はピンとこないが、この先一人で生きていくのは嫌だと感じた花澄と、どうしても一ヶ月後に結婚式をあげたい板前の敦志は、ひょんなことから出会いお互いの利害が一致して契約結婚をする。お決まりの契約結婚ものかと思って読み始めたが、主題は人に思いを伝えて分かり合うようになる事だった。う〜ん、面白いのは面白かったのだが、契約結婚である必要があったのかという点では疑問。メディアワークス作品ならではの軽いタッチで読みやすかったのだが、もうちょっと設定が違った方が主題を前面に押し出せたのではないかとちょっと残念だった。

2021/09/27

新刊棚にあった作品、初読みの作家さん。さくさくと♪お話だからな展開でしたが、お店をどうしたら良くできるのか、一緒に暮らすには、お互い理解するには、そうだよねぇ~と楽しみました。

2021/09/02

よっしー

色々な契約結婚の話は読んできましたが…「一人でいたくない」女性と、「恋人に幸せだと見せ付けたい」男性の結婚は中々に面白かったです。ただ、自慢方法がSNS…別れた相手の物をわざわざ見に行くというのが個人的には理解出来ませんでしたが、その先へと進めたので良かったのかな。これから先の幸せを願いたくなる二人でした。

2022/08/09

ベローチェのひととき

ブラック企業で働き、上司のパワハラにより心身共に疲れ果てた花澄が主人公。「幸せにならなくていいから一人でいたくない」という思いから婚活を開始する。ひょんな事から、春霞亭の店主である敦志と知り合い、契約結婚を始めることになる。登場してくる周りの人々がとてもいい味を出していて、癒やされました。

2021/10/03

感想・レビューをもっと見る