読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風を見た少年 (講談社文庫)

風を見た少年 (講談社文庫)

風を見た少年 (講談社文庫)

作家
C・W ニコル
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784061840560
amazonで購入する

風を見た少年 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

maetoshi

恐らく僕の読書人生で初めて再読した本。 31年前に完全理系の僕にほんのわずかな期間訪れた第1回読書ブーム時に読んだ本。 僕の記憶では著者からの現代社会への警告をファンタジー的要素をちりばめた物語として書かれた作品と言う印象。 内容は結構重たい題材だがとても読み易いし当時も今も考えさせられる内容。 細かな所までは全く覚えてなかったがもとても面白かった記憶は今読んでも変わらず面白かった。 再読してよかったと思える作品。 ※ でも何で今頃この本を再読する気になったのか? ただ単に想い出に浸りたかっただけか?

2019/10/04

シェル

思いがけず良書に出会った。壮大なファンタジー。少年は鳥と話し、水の声を聴き、風を見る事が出来る。願えば空も飛べる。トンボの羽一枚をここまで美しく表現出来る人は中々いないんじゃないか?日本在住8年目でこの本を書き上げてしまう著者に脱帽。

2018/11/05

sakamoto

私は夢でもあまり飛べないが、ああ、わかるよ。

2015/10/18

コジターレ

読メ登録前に読了。

にこる

昔から我が家にあったこの本を、何故か自分の本棚に大切に置いています。たまに読み返して、昔は分からなかった物語の本質に触れてみます。これからも大切に置いておきます

2009/06/01

感想・レビューをもっと見る