読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

お姫さま大全 100人の物語

お姫さま大全 100人の物語

お姫さま大全 100人の物語

作家
井辻朱美
出版社
講談社
発売日
2011-03-04
ISBN
9784062167680
amazonで購入する

お姫さま大全 100人の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美羽と花雲のハナシ

女の子に生まれたからには、誰にでもお姫様願望はある。女の子が夢想するような王子様が助けに来る、華やかで煌びやかな生活って本書には殆ど存在しない。古今東西、世界中で集められたアニメ、童話、神話、史実など様々なお姫様が紹介される。彼女達はとても強く、格好良く、自分の信念を持ち、幸せになるために運命に抗う。お姫様も楽ではない、大変なのだ。政略結婚、継母、臣下による奸計、時には戦わざるを得なくなる。愛に生きる、野望を抱く、悲運に見舞われる、命がけで生きる、一人ひとりには力強い物語があり、読後は勇気と希望を感じる。

2012/03/04

よこたん

物語の中の・歴史上の・実在した・古今東西老いも若きもひっくるめた「お姫さま」ガイド。カラーだったらきっともっとワクワクできたかな。よく知っているつもりでも、読んでみたらこんなストーリーに翻弄されてたのかと驚いたものもあった。弟橘媛、虞美人、ムムターズ・マハルが切ない。トゥーランドット、パールヴァティーにドキドキ。ハートの女王もお姫さまか。サファイア王女、サリーちゃん、レイア姫、アン王女まで(笑) 頁をくればダイアナ妃の笑顔も。そして、景王陽子が気になる。『十二国記』を読んでみたくなった。

2017/07/25

小夜風

【図書館】100人のお姫さまの物語を集めた本。五十音順に、一人につき見開きで紹介されています。物語、史実、神話に、マンガやアニメまで!中にはそれってお姫さまかなぁ?と思う話もありましたが、面白く読めました。100冊の本の紹介文を読んだような感じで、タイトルは知っていても内容を知らなかった話もあり、出典を読んでみたいと思いました。サロメとか、怖い話に惹かれる(笑)。

2015/02/10

kana

「お姫さま大全」というタイトルと可愛らしい装丁にときめく。しかも監修は(私の中では有名人の)翻訳家の井辻朱美氏。中身を読まずともわくわく幸せな気持ち。100人ものお姫様がイラストと共に2Pずつ紹介されるのですが、古今東西の、物語、伝説、史実、コミック、映画まで、かなり幅広い姫達を扱っていることにまず驚きます。幼い頃に出逢っていたら、宝物になっていたことでしょう。今はもっと冷静に、お姫様も楽じゃないなぁと、その苦労の多さに思いを重ねてしまいます。欲を言えば、名前順は唐突なのでジャンル別の構成がよかったかな。

2012/08/31

はるき

歴史上の人物から漫画の登場人物まで幅広く集められたお姫様の逸話集。子供向けなのか表現もマイルドだし写真も多くて贅沢な構成。女性には、いくつになってもお姫様に憧れる気持ちがあると思う。

2016/08/04

感想・レビューをもっと見る