読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

希望の獅子

希望の獅子

希望の獅子

作家
本城雅人
出版社
講談社
発売日
2012-09-28
ISBN
9784062179454
amazonで購入する

希望の獅子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

在日中国人が絡む警察もの。時代背景もあるのでしょうが警察ちゃんと仕事しろ。

2017/11/01

Taka

本城さん祭り3作目。事件もの。過去と現在を行ったり来たりしながら物語が展開していく独特の章立て。時間、空間的にスケールが大きく面白い。

2019/02/23

本読みじいさん

現代と過去がどうつながるのかと気になり、つながった時、とてもすっきりとできました。テレビでしか見たことがない舞台だからか、逆に頭のなかでは街をイメージして読み進めれました。

2012/11/24

アンベラー

今もある人種差別 中国は世界から非難される、個人をみれば人と人なのである しかし、事故を起こしたときなどはやはり身分証明書で外国国籍というだけで特別視してしまう

2021/07/01

はる

31年前(昭和50年代!)に何があったのか?! 国交正常化から各時代での、横濱中華街の構成、二つの思想、地元警察との関わり等々・・不勉強のためはじめて知ることが多く ^^; 、夢中で読みましたが、事件の背景はしっくりこなかったりもします。それでも若さをもてあましているところ、眉をひそめる向きもありそうな ^^; ヤンチャぶりも含めて高校生のイキイキとした様子が微笑ましかったです。特に長身のヒーローではなく小柄な子の笑顔と明るさがまぶしくて・・・。

2019/02/24

感想・レビューをもっと見る