読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

治部の礎

治部の礎

治部の礎

作家
吉川永青
出版社
講談社
発売日
2016-07-20
ISBN
9784062200516
amazonで購入する

治部の礎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

新しい石田三成の姿が描かれる。石田三成の印象は司馬遼太郎さんの「関ヶ原」にある、潔癖な豊家の藩屏であった。この作品だと、石田三成は徳川幕府の治世の礎を築いたことになる。そして、石田三成の余りの万能かつ慧眼振りに少し違和感があるのは拭えない。秀吉の老耄してゆく様は良く描かれていて、切なくなりましたね。この作品で石田三成の知られざる面を知り得たことは確かです。佐和山19万石の身代と思いきや、実は実録は40万石相当の身代だったのですね。新しい石田三成の情報を知る事が出来た、歴史好きも発見のある作品と思います。

2017/06/08

starbro

大河ドラマ「真田丸」を視ているので最近、石田三成に興味を持っているのと、著者が同じ大学・学部(知っている限り唯一)の後輩だということもあり読みました。吉川永青、初読です。「真田丸」の脳内BGMで一気読みしましたが、史実に忠実過ぎるからか、秀吉、家康他、個性の強い登場人物が多過ぎるからかわかりませんが、主人公のはずの石田三成が浮かび上がって来ませんでした。著者の力量不足でしょうか?本来であれば、贔屓目に見たいのですが・・・

2016/09/01

とん大西

岡田准一君の『関ヶ原』もあって、最近は石田三成をちょいと贔屓目にみたりしてます。戦国時代の、というか日本史の分岐点における超超キーパーソンでありながら、いわゆる「英雄」ではないんやよね、三成は…。秀吉という「英雄」に仕え、家康という「英雄」に抗い続けた秀才の凡人(秀吉や家康からみれば)やったんやねぇ。武将としては負の評価でも行政官僚としての手腕は英雄と言ってもいいほどの卓越した能力。もし、徳川時代の老中だったら教科書に載ってたやも…まぁ、タラレバですが。それにしても、家康への最期の啖呵は見事見事でした。

2019/07/04

巨峰

石田三成の半生を描く。筋を通し、秩序を保とうと行動を重ねることが佞臣よばわりすされる理由となる立場の難しさ。まあ、それにへこたれないのがこの人の毅さであり弱さであるだろう。もう少し新しい視点があればなおよかったかもしれないですね。

2017/08/19

ポチ

融通が利かない、堅物、人を思い遣る事が出来ないなど、色々言われている三成だが、豊臣政権をより強固にする為に敢えて嫌われ者を演じた…。新しい解釈は無く、読了後の感動も無かった。少し残念な気がしました。

2016/11/08

感想・レビューをもっと見る