読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BT’63(下) (講談社文庫)

BT’63(下) (講談社文庫)

BT’63(下) (講談社文庫)

作家
池井戸潤
出版社
講談社
発売日
2006-06-15
ISBN
9784062754149
amazonで購入する Kindle版を購入する

BT’63(下) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

以前読んだ池井戸さんのデビュー作では、人が死んでたので驚いたけど、これはなんと4人も死んでいて、しかもその死に方がグロ。ミステリー、ハードボイルド、んでもってノスタルジーも混ぜました、みたいな。読みながら「流星ワゴン」やなぜか「フィールドオブドリームス」なんかが頭をよぎって。リーダビリティには富んでいたけれど、タイムスリップが個人的に苦手なのと、もう少し短くてもよかったのでは?感が否めなかった、かな。

2016/03/19

アサガオ

BT63(下)(@ ̄□ ̄@;)!!「時間軸◇行き来」...「呪われたトラックBT21号◇運転手4名が殺される(;>_<;)」...「史郎◇新事業・宅配オレンジ便◇銀行融資◇壁◇闇の住人◇殺し屋◇黒幕」...「愛する鏡子◇罠◇死」...「苦悩の選択◇闇に立ち向かう史郎◇琢磨を救う」...「琢磨◇亜美の元へ」...「BT21からBT63◇時の流れ◇時間と絆を運ぶトラックは私の心で今日も走る」......

2016/10/09

遥かなる想い

40年前の父の真実を息子が追う旅、完了。読みながら涙が出てくるのを止められなかった。父の愛した鏡子さんとその娘可奈子、最後のエピソードまで含めて、感動大作であった。闇の住人成沢や前夫の柳瀬あたりの不気味さも引き締まった物語にしてくれている。

2011/10/10

mariya926

上巻はなかなか物語に入っていけなくて辛かったですが、下巻からは没頭できました。BT63号に乗っていた人たちが次々に殺人に巻き込まれていきます。しかもヤクザに利用される辺りからはハラハラ。上巻で書いたように結末は分かっているからこその葛藤というか、疑問が湧き上がってきながらの読了でした。しかし最後にはちゃんと伏線は回収されていました。父親は本当に苦しい中を通ったのですね。だからこそ息子にもその優しさをもう少し表現して欲しかった…。BT63号と父親の想いに出会った息子が新しく歩み始める姿が良かったです。

2020/03/03

みっちゃん

辛くてむごい場面が多く、重苦しい気持ちを抱えながらも、何故か頁を捲る手が止まらず、一気読みしてしまいました。幼い加奈子が赤の他人のはずの史郎に「父さん」と呼びかけるあたりからは、しばしば涙腺も緩みがちになりました。人生の岐路に立った父と子を、40年の時を越えて結びつけ、新たに出発させる為に、あの緑のトラックは長きに渡って、その時を待っていたのだなあ。やはり最後には胸の熱くなるラストが待っていてくれました。

2013/12/10

感想・レビューをもっと見る