読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

作家
酒井順子
出版社
講談社
発売日
2006-10-14
ISBN
9784062755306
amazonで購入する Kindle版を購入する

負け犬の遠吠え (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

酒井順子さんが面白い・・ということで読みました。2003年一世を風靡したベストセラー。負け犬の定義は「未婚、子なし、30代以上の女性」美人で仕事が出来てお金持ちで男に不自由していなくても・・・だそうです。酒井さんすごいですね。このテーマで352頁、よくこれだけ書けるね。なるほどそうなのかと感心して読みましたが、勿論そういう人も多いだろうけれど、一方でごく普通の女の子が普通に暮らしていたら出会いが無くていつの間にかそんな年になっていたという例が私の回りには多いです。息子はオス負け犬┐(´д`)┌

2015/12/01

takaC

弱い犬が相手から遠く離れたところで、尻込みしながら吠え立てることから。主に、勝ち目のない相手を陰でののしることのたとえとして使われる。「遠吠え」とは、犬などの動物が遠くで声を長く引いて吠えること。(故事ことわざ辞典)

2016/07/11

団塊シニア

結婚した女性が勝ち組、結婚しない女性が負け組ということで12年前の作品、事例として納得できる部分もあるが、そもそも結婚で勝ち負けは決まらないのでは?というのが読後の感想である。

2015/08/13

青葉麒麟

気づけば私も負け犬ど真ん中の人間だ。未だ30代前半だから特に焦りも無いけれど、書いてあるように30代後半になったら焦ったりするのかなぁ?あんまりにも負け犬負け犬って連呼してるからちょっと食傷気味(>_<)

2014/03/02

James Hayashi

講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞受賞作。30代以上、未婚、子無しを負け犬と呼ぶ(著者含む)。負け犬というレッテルを張る必要はないと思うが面白く読めた。特に最期のオス負け犬との座談会は頷けるコメントが多い。たとえ自分が独身で好きな女がいても自分の時間を持ちたいと思う。しかし独り身に戻っても再婚はするだろう。気になったのはなぜ日本男性は高学歴の女性を好まないのか疑問に思う。この本が話題になったTVで出演していた山口真由(東大首席、NY弁護士)さんなど素敵だと思うのだが。

2019/04/16

感想・レビューをもっと見る