読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

作家
百田尚樹
出版社
講談社
発売日
2009-07-15
ISBN
9784062764131
amazonで購入する

永遠の0 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっちっち

靖国神社に行きたくなった。元旦に祖父の墓参りに行った時に、今まで気付かなかったんだが、墓石の側面に知らない軍人さんの名前があり、母に聞いたら祖父の弟だと。つまり自分にとって大叔父あたる人でした。死亡通知書?によればその人は海軍所属でソロモン諸島のとある島で戦闘中行方不明で戦死扱い。本書で出てきたガダルカナル島の近隣の島だそうです。享年22歳。昭和18年11月のことですから、本書のガ島攻防戦が一気に身近なものになりました。また、昨年の元旦に亡くなった父方の祖父は陸軍兵士として ※へ続く

2014/01/03

mitei

ちょうど私個人も 1945冊目という節目の一冊となったが読後感はとても爽やかな気分になった。特に最初の一ページめから感動の嵐で何度となく泣きそうになったが電車の中なので涙目で我慢できた。本書の中では高山がいいキャラだったが個人的には下士官クラスは優秀で上官が無能だったと言う論調は少し違和感を覚えた。特攻は確かに外道だと思うがそこまで命をかけた方々がおられてアメリカもフィリピンのような過酷な植民地支配が出来ず日本の国体護持という最後の砦が守れたのだと思う。

2012/10/18

まひはる

戦時下で「生きたい」と主張することがいかに異端とされていたのか、天才的な技術をもちながらも「卑怯者」とさげすまれ、それでもなお生きることを望んだ”宮部”さんを通して命に考える悲しくも優しい物語。 来年公開の映画も楽しみ!

2012/12/05

遥かなる想い

 本屋に「2009年最高に面白い本大賞」1位と飾ってあって、 ずっと気になっていたが、今日 買って読んだ。  感動の一冊である。  終戦から 60年の夏、ゼロ戦に乗り、死んだ祖父の秘密を 追っていくにつれ、真実が徐々に 明らかになり・・  という設定は、ミステリのようにも 読め、また あの戦争の 真実を 空軍の側面から 我々に教えてくれるのだが、  最後に明らかになった真実には 思わず 涙した。  本書が 百田 尚樹の デビュー作のようだが、 琴線に触れる 筆力があると 思う。

2010/06/27

青葉麒麟

此がデビュー作とは信じられない。こんなに緻密に書いてるから戦争体験者なのかと思ってたら意外とまだ若いし。凄い取材力。皆が心の中では死にたくないって思っていても口が裂けても言えない雰囲気の中、堂々と家族の為に死にたくないって言えるのは本当に勇気ある行動だと思う。何度かグッと来るモノがありました。零戦を一回見てみたいな。

2013/01/17

感想・レビューをもっと見る