読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バイトくん!大阪100円生活 (講談社+α文庫)

バイトくん!大阪100円生活 (講談社+α文庫)

バイトくん!大阪100円生活 (講談社+α文庫)

作家
いしいひさいち
出版社
講談社
発売日
2009-04-20
ISBN
9784062812801
amazonで購入する

バイトくん!大阪100円生活 (講談社+α文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

作品番号087のノリに爆笑。起承転結を超越した、もはや笑うしかないギャグ! さて、21世紀の今もキクチくんの生活は変わりません! 「ののちゃん」でおなじみの小学生トリオの原形。いやいや、こっちはあいかわらずの大人のおもしろさです。

2016/05/29

majiro

松本零士さんは、いくらでも描けた男おいどんが、ある時から描けなくなってしまったという。しかし、いしいひさいちさんは、21世紀のバイトくんを見事に描いている。当時の街並みを歩いても、なつかしい気分にならなかったとの言に、納得。しかし、なんでこんなに、おもしろいんだろうな〜。

2016/05/27

モリータ

河出からムックが出たみたいやけど、やっぱり聖地巡礼とかやってるんだろうか。

2012/06/29

サニー

若者らしさを感じました。

2012/04/24

pako

おじがいしいひさいちさん好きだった事もあり、「バイトくん!」も読んだ事があったけど、これは所謂キャラブック的な扱いなのかな?

2013/04/11

感想・レビューをもっと見る