読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪道 五右衛門の復讐 (講談社文庫)

悪道 五右衛門の復讐 (講談社文庫)

悪道 五右衛門の復讐 (講談社文庫)

作家
森村誠一
出版社
講談社
発売日
2017-09-13
ISBN
9784062937658
amazonで購入する Kindle版を購入する

悪道 五右衛門の復讐 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キャプテン

★★★★☆_「きゃぷ衛門とゆく時の旅フェア」【西暦1657年江戸時代─明暦の大火編】10万人以上が亡くなった、日本史上最悪の火災、明暦の大火。そもそも江戸という街は、頻繁に火災が発生していたのでござる。そして江戸に漂うもう一つの火……それは豊臣家の怨みの火──。天下の大泥棒『石川五右衛門』、『明暦の大火』、『豊臣の怨み』これらの要素が揃う時、まさしく江戸が揺れ、実に見応えがあった。武士の要らなくなった世に、己の剣で江戸を守る英雄譚には、遠き戦国の世の武士道があった。さあ、泰平なる江戸の世界に突入にござる。

2017/12/25

goodchoice

五右衛門の末裔が徳川幕府を脅かすという設定だったが、ちょっと無理筋の感もあった。一統の活躍と団結はいつも通りであった。

2018/05/16

感想・レビューをもっと見る