読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誰も寝てはならぬ(2) (ワイドKC モーニング)

誰も寝てはならぬ(2) (ワイドKC モーニング)

誰も寝てはならぬ(2) (ワイドKC モーニング)

作家
サライネス
出版社
講談社
発売日
2004-10-22
ISBN
9784063375541
amazonで購入する Kindle版を購入する

誰も寝てはならぬ(2) (ワイドKC モーニング) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夜梨@灯れ松明の火

会社の名前って最初、どこに出てきたんだっけ?と1巻から必死で探しました。赤坂の事務所の門の表札でしょうか?それにしても、「寺」とは(笑)テラ(地球)にかけているのでしょうか?昔赤坂で働いていた頃を懐かしく思い出します。といっても、別に知っている場所が出てくるわけではないんですけどねw

2013/02/28

まつじん

2巻目で早くも登場人物が・・・混乱してきた。自分の老化なのか、それとも絵柄のせいなのか?

2016/11/26

yoshida

2巻もゆる~いまったり感。亜美さんや岡ちゃんなどキレイな女の人も周囲にいて楽しそう。ヤーマダ君の色んなエピソードもあり楽しい。ま、オフィス寺は皆が高いレベルで手に職持ってるから成り立つんだろうな。

2014/08/31

亀野亜祐美

ヤーマダ君の感じがいいですね。

2013/08/31

くさてる

つくづくこの独特の味は他のマンガ家さんには出せません。主役二人が30代独身男性(バツ3とバツ1ですが)ということもあって、イロコイ話もしっかり浮かびますが、生々しくならないあたりがさすがです。 今回わたしが笑った台詞は、ヤーマダくんの「そりゃタコ糸でグルグル巻きにされてタレに漬けられて焼いて食われるんだよ」と、作者の描き文字ツッコミ「酔うとんねんソレ」。

2004/11/08

感想・レビューをもっと見る