読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

昨日のぼくのパーツ

昨日のぼくのパーツ

昨日のぼくのパーツ

作家
吉野万理子
出版社
講談社
発売日
2018-12-05
ISBN
9784065139073
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

みんなで調べたら考えたりすれば、答えが見つかるんじゃない?トイレの悩みをかかえる……すべての人を助ける物語。じつは、みんなウンション問題(ウンコやおしっこの悩み)をもってる?便秘、下痢、過敏性腸症候群、トイレが近い、和式トイレがイヤ……親にも友達にもいいづらいこと、調べてみたら解決するかもよ。

昨日のぼくのパーツ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊🌸

吉野さんだと手に取ったが最初は児童書過ぎてしまったかなと思った、おじいさんの入院をきっかけにトイレ事情 について考える様になり夏休みの自由研究に選ぶ大志たち、ウンコは80%水分で体の中にいた細胞も入っているつまり昨日までの自分の体を作っていたパーツです、ウンコに行く事を恥ずかしく思ったり囃し立てる子どもの為学校でトイレに行けなくなったりする事もある、そんな子供たちにも便秘や下痢に悩む大人にも読んで欲しい1冊。

2019/02/06

信兵衛

誰しも恥ずかしく感じてついコソコソしてしまう問題を堂々と大らかに、ユーモアをもって描いていく辺りが気持ち良く面白い。 健やかでユーモラス、吉野さんらしい作品で、そこは流石。

2019/01/31

そうたそ@吉

★★★☆☆ どうやら児童向けっぽい作品。「小」の方ならまだしも「大」の方では冷やかされたりするからなかなかおおっぴらにトイレには行きにくい。全国の小学校のどこにでもありそうな問題が取り扱われているストーリー。調べ学習を通して男女の垣根を越えて、トイレ問題にこうやって向き合えるというのはベストな解決策なんだろうけど、本作中の子どもたちのようなスレてない子ばかりというわけでもないのが現実だろう。安易にいじめに繋がりやすい問題というのは今も昔も変わらないはず。読み物としてはいつもながらの面白さだった。

2019/01/14

むつこ

学校時代にもよおしたときのことを思い出した。小学生の男の子を主人公にしたトイレの悩みのあれやこれのお話。ウンチって、昨日まで自分の体の中で働いていた大切な部分で、それを笑うのはおかしいこと。クラスのみんなで考えるきっかけとなりたくさんの子供たちに読んでもらいたいな。

2019/02/04

木漏れ日の下

児童向け。トイレの悩み事について色んな側面から書いてあります。上の子が小学生高学年だった時にまさに学校でトイレに行きたくないと毎日走って帰って来てトイレに顔色悪くしながら駆け込んでました。気にしすぎだと何度言ったかわかりません。あの時にこんな本があったら読ませてあげたかったな。また女の子は特に友達と連れだって行くので、友達の存在が気になってしにくいみたいです。話題にしにくいことを本にしてくださると学校や家庭で話す機会ができていいことだと思います。

2019/01/16

感想・レビューをもっと見る