読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日々野兄弟(3) (マガジンエッジKC)

日々野兄弟(3) (マガジンエッジKC)

日々野兄弟(3) (マガジンエッジKC)

作家
秀良子
出版社
講談社
発売日
2018-12-17
ISBN
9784065139714
amazonで購入する Kindle版を購入する

日々野兄弟(3) (マガジンエッジKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こつ

夢オチ!!だったwてか、銀魂wwwドラクエのパロおもしろかったー!

2019/03/17

へへろ~本舗

作者買い。本屋の話、良かった。

2018/12/27

檸檬

作家買い。はぁ~秀良子さん最高。でも私ゲームしないから「・・・あれ名前・・・メ・・・ギ・・・?」とついていけなくてションボリ。面白の中にシンミリぶっこんでくるなぁ~最高です。

2019/02/10

山崎丹生

人工島の団地に住む、変人でマイペースな兄とちょっとおバカな弟のふたりを中心としたコメディ漫画。いきなり某国民的RPGパロが始まったりして面白かった。登場人物たちが勇者になったり遊び人になったりしているけれど、四天王すらそろわない深刻なレギュラー不足…! 3巻で終わってしまって寂しい。もっと続いてほしかった。

2019/01/07

真霜

緩くも賑やかな思春期中学生兄弟の、狭い世界でのその先。入江島団地に囚われず、実は何気なく広がっている向こう側を見られる終わり方でした。独特の空気感で進んでいきますが(突然のRPGが謎のツボでした)書店の話では秀先生のあの切ない雰囲気の描き方が素敵で、しんみりしつつも確かな希望があったことにほっとしました。何かを悟った兄の行動をきっかけとしたそれぞれの未来。でも主に絵で語られていて、色々と想像を掻き立てられてしまう最後でした。

2018/12/26

感想・レビューをもっと見る