読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

分断 百万石の留守居役(十二) (講談社文庫)

分断 百万石の留守居役(十二) (講談社文庫)

分断 百万石の留守居役(十二) (講談社文庫)

作家
上田秀人
出版社
講談社
発売日
2018-12-14
ISBN
9784065139998
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

幕府から江戸召喚の命が下った百万石加賀藩の筆頭家老・本多政長は、数馬を連れて急ぎ金沢を出立した。だが江戸城では老中たちの権力争いに、加賀藩が巻き込まれつつあった。藩主の留守中に無頼たちに襲撃された加賀藩江戸藩邸、その始末を問題にしようというのだった。越前でひと暴れした数馬に、またもや難題がふりかかる。それは留守居役として成長する新たな舞台でもあった。好調シリーズ、ついに百万部突破!

分断 百万石の留守居役(十二) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Atsushi Kobayashi

だんだん、仲間を増やして、ラスボス倒すという、少年ジャンプみたいになってきた。

2018/12/19

なななな

上田さん作品は、どれも本当に裏切らない面白さを提供してくれます。このシリーズも、いつも続編を待ち遠しく感じています。いつの間にかの12巻、飽きさせませんねぇ。

2019/01/11

mams'elle

加賀藩宿老本多安房守の江戸出府で、いよいよ大円団の予感。この巻では数馬より活躍して主人公を喰ってる感じ。文庫本の帯には累計発行部数100万部突破って、そんなに人気有るんだこのシリーズ。

うさこ@タッタカタ

2回目はさらに面白い!本多の爺が出てくるとワクワクする!爺と言いながらまさかの51歳とな!人生50年か、早い。

2019/02/24

うさこ@タッタカタ

加賀藩 金沢行ってみたい。中田屋の金鍔は食べたことあるけど。加賀料理の加賀屋さん銀座のお店に行ったことあるけど。

2019/03/21

感想・レビューをもっと見る