読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大正地獄浪漫 2 (星海社FICTIONS)

大正地獄浪漫 2 (星海社FICTIONS)

大正地獄浪漫 2 (星海社FICTIONS)

作家
一田和樹
江口夏実
出版社
講談社
発売日
2018-12-16
ISBN
9784065142028
amazonで購入する

大正地獄浪漫 2 (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

九月猫

読んだ人の脳に異常な影響を与える力のある本。その力で帝国を裏から変えようとする側は手段が猟奇的でえげつないし敵として描かれてるけど、阻止しようとしてるのは特高なんだよなぁと考えると、善悪がなんだかよくわからくなってきた。とりあえず蓬莱が不憫で不憫で……。片目様に助け出されたって言ってもなぁ。あのヒト、真っ黒すぎて。地味な能力だったはずの眼鏡屋さんは「読み手」としての能力も開花し(というか、させられ)ますます抜き差しならない状況に。このシリーズ、ちょっと私には過激すぎるので次巻も読むかは悩むところ。

2019/03/23

謡子

つづきものだった… 2巻からでも読めたけど登場人物も多く、敵味方入り乱れてオレたちの戦いはまだまだ序章!って感じ。ううーん。できれば大正17年とかの設定で読みたかったかな… あと象の髪飾りなのか蝶の髪飾りなのか両方あるのか…表紙は蝶だけどさし絵の手ぬぐい?は象だし…(そう! さし絵があるのですよこの本!)

2019/01/11

金色

片目さんをもっと出して下さい。

2019/02/03

感想・レビューをもっと見る