読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

メサイア ―CODE EDGE―(2) (KCデラックス)

メサイア ―CODE EDGE―(2) (KCデラックス)

メサイア ―CODE EDGE―(2) (KCデラックス)

作家
ミナヅキアキラ
高殿円
MESSIAH PROJECT
出版社
講談社
発売日
2019-02-07
ISBN
9784065150047
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

国家最高機密のスパイ組織、通称「サクラ」。 過去、戸籍、国籍も抹消され、ただ一人の相棒「メサイア(救世主)」とともに闇に潜む。生死を賭した日々の中で紡がれる、彼らの生き様、友情、絆とは…? ■06 MAMORU(白崎護) ■07 RYO(有賀涼) ■08 ITSUKI(加々美いつき) ■09 KOTARO(柚木小太郎)の4編を収録。

メサイア ―CODE EDGE―(2) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちり

舞台を見てる人向けの漫画かな。見てなくても分かるけど見てた方が断然切なさが違う。有賀の成功報酬はなんだろう。有賀加々美ペアには切り離せない存在の間宮も出て来て表紙だけでも辛いのに本編…万夜と小太郎の話も結末を知っているだけに1番泣ける。鋭利と珀ペアだけだよ、こんなに癒されるのは。

2019/02/25

成田智

現実なのかワンダリング空間なのか、読んでる側も錯覚させられちゃうことがしばしば。 有賀と加々美、間宮の話ももっと奥が深そう。小説も読んでみたいなー

2019/03/17

ちゃび

護と淮斗に救いがあってよかった!!

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る