読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寄宿学校のジュリエット(14) (講談社コミックス)

寄宿学校のジュリエット(14) (講談社コミックス)

寄宿学校のジュリエット(14) (講談社コミックス)

作家
金田陽介
出版社
講談社
発売日
2019-07-17
ISBN
9784065153116
amazonで購入する Kindle版を購入する

寄宿学校のジュリエット(14) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

黒犬と白猫の関係に改善の兆しが見えてきた中でのウェスト公国への修学旅行。未だ偏見が残る中で学生同士のフォローがあったりするのは良かったですが、はぐれた蓮季が出会ったなかなか楽しいあのひとが何者か気になりますねー。ペルシア以外に予定をガッツリ入れられた露壬雄の自由行動も気になるところではあります。

2019/07/19

わたー

★★★★☆ダリア学園の生徒の意識が徐々に変わっていく中、全校生徒がウエストへ行くという前代未聞の修学旅行が始まる。前巻まで重めの話が続いたためか、ややコメディ寄りの内容に。ただ、コメディだけで終わるとは微塵も思っていないので、クライマックスに向けてどうなっていくのか楽しみだ。

2019/07/17

キリル

ダリア・ウォール後半戦。チームワークは飛び道具・踏み台と散々な状態からきっと来ているという勘だけで見ずにバックパスを選択できるまでに改善され、急造とは言えども今後の新監督生たちの協力に期待が持てる話でした。新しい変化を受け入れたダリア学園の初の修学旅行ではやはりトラブルが発生しましたが、先生だけでなく学生からもフォローがあってよかったです。自由行動日にはいろいろありそうで楽しみですね~部屋着のペルシアかわいい。

2019/08/03

nishiyan

体育祭での2、3年生との対抗戦も決着がつき、いよいよ最終章ともいえるウェストへと修学旅行編開幕。監督生に就任した犬塚とペルシアだが、修学旅行実現まで前途多難。そんな状況を助けようと朱奈、晃葵、アメリアが奮闘する姿は、これまで二人がしてきたことが確実に浸透していることを表していてよかった。ペルシアとのイチャイチャを邪魔するように玲音やシャル姫が犬塚の予定を潰しにくる展開には今後の伏線があるような…。修学旅行で早速、迷子になった蓮季に訪れた出会いは今後の展開にどう影響するのか楽しみです。

2019/09/09

ぶなぶな

監督生対決の続きから。生徒達の模範として黒犬と白猫で協力する姿勢に気付き、チームワーク()で三年に勝利する。ペルシア様は聖母、それある!手李亞が手李亞お姉さんしてるの可愛い。背伸びせずとも既に成長しているのだ。犬塚がペルシアの部屋に誘われる回では、犬塚のこういうアホで純情なキャラがやはり面白いと思う。修学旅行は二年全員でウェストに。世間の目はまだまだ冷たいが、生徒らの意識は確実に変わっている。しかし更なる波乱も待ち受けているのだろう。蓮季を助けた女優も気になる。ペルシアが何故こんなに可愛いかも気になる。

2020/03/31

感想・レビューをもっと見る