読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

化け札 (講談社文庫)

化け札 (講談社文庫)

化け札 (講談社文庫)

作家
吉川永青
出版社
講談社
発売日
2019-05-15
ISBN
9784065155417
amazonで購入する Kindle版を購入する

化け札 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さつき

真田昌幸が主役。天正壬午の乱から第一次上田合戦のあたりまでの、真田家の生き残りをかけた戦いが描かれています。昌幸と双子の弟、信尹との関係が熱いなぁ…毎回ギリギリの状況に置かれながらも兄と同じ視点で見て決断行動できるのは、やはり双子だから?真実を見抜く眼力を持った百姓、新平も良い味を出しています。信尹が家康に惹かれ始めた所で物語が終わっていて、この後の展開を思うと続きをが読みたくて仕方ないです。続編書いてほしいです。

2019/06/18

てんつく

化け札として策を練り戦に臨む昌幸がイタい人に思えて、読みにくかった。

2019/12/21

シンゴ

主人公は真田昌幸。上田合戦がメインと言うより、昌幸の外交、政治的な立ち回りがメイン。信玄になりたかった男と信玄を乗り越えたかった男の戦い。

2020/08/20

ちゃーりー

真田昌幸の話、いろいろ策をこうじて外敵にあたってきたが、戦国時代は大変だ、面白く読了。

2019/12/16

戦国の謀将真田昌幸を描く歴史小説。第一次上田合戦の描写は巧くて面白かった。演出なのだろうが第二次上田合戦は描いて欲しかった。晩年が悲しいからしょうがないのかもしれないが。

2019/11/08

感想・レビューをもっと見る