読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ドラゴン桜2(6) (モーニング KC)

ドラゴン桜2(6) (モーニング KC)

ドラゴン桜2(6) (モーニング KC)

作家
三田紀房
出版社
講談社
発売日
2019-07-23
ISBN
9784065162903
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドラゴン桜2(6) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Carlyuke

読解力がない生徒が読解力をつけるために来たのが太宰府治先生。平野啓一郎の「私とは何か」も紹介されていた。分人という言葉を初めて知った。内容はユング的な考え方で, 人にはいくつかのペルソナがあるという意味に理解した。後半に出てくる努力できる脳とできない脳についても興味がある。自分は後者かもしれない。

2020/02/10

TakaUP48

読解力の差で成績は飛躍的に伸びる!そこで、林修先生に憧れている太宰府先生が「読解力」の講義。国語は科学。創作は建築学だ!論説文は、同等・対比・因果の3パターンに構造化されている。同等=言い換えは、全ての教科に出てくる。具体化・抽象化から言い換えを読み取る・言える力をつけよう。「読解力」は要約する力。キーワードを使っての要約には、時系列法と主語述語法がある。キーワードの探し方は、①タイトルから②冒頭・末尾の段落から。具体的でとても勉強になった巻でした。「努力」という気になるワードが出てきたけど…。

2019/11/15

ショウジ

読解力の重要性を教えてくれる回でした。

2019/07/25

shohji

この漫画は読解力(要約力)の付け方を指南するもので林修先生が本人役で登場する(絵は余り似ていない)東大受験をテーマに大宰府先生という国語の先生も大活躍。しかし読解力をつけるのに漫画ってどうなのかという疑問もある。最近は日本人の読解力の低下というニュースが駆け巡っている。情報番組で「読解力の低い人がSNSで見当違いな議論をふっかけていて笑ってしまう」と言っていた。多くの人に読解力をつけてもらうためには入口はなんでもいいのではないかと考えなおした。長々と書いてきたが実はこの漫画の内容は非常に面白いのである。

2019/12/05

カイトウ

文章を読む能力「読解力=要約」が全てを制する。 文章の構造さえ抑えることができれば良い。

2019/11/02

感想・レビューをもっと見る