読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

炎の放浪者 (講談社文庫)

炎の放浪者 (講談社文庫)

炎の放浪者 (講談社文庫)

作家
神山裕右
出版社
講談社
発売日
2019-08-09
ISBN
9784065168370
amazonで購入する Kindle版を購入する

炎の放浪者 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yamakujira

王府に妻を人質に取られ、逃亡した騎士の捕縛を命じられたジェラールは、監視役のピエールを連れて探索に旅立つが、何者かに襲撃され、逃亡者が抱える秘密が徐々に明らかになる。フィリップ4世治世化の中世フランスが舞台だから、なじみ薄い時代背景の咀嚼に手こずるものの、それぞれの信念が招く非情な運命にひきこまれていく。アンドレもルイーズもピエールも、そしてマルグリットも悲しい。信仰は思考停止を招き排他的な攻撃性を生むから、宗教って害悪だとつくづく思ってしまう。ジェラールには王に復讐してほしかったな。 (★★★☆☆)

2020/08/03

サスツルギの亡霊から大分空いてかなり久し振りの神山さん。

2020/03/12

ヒラー

良かった!タイトルがな…。『カタコンベ』好きやったなー。まだ40じゃん!

2020/03/06

感想・レビューをもっと見る