読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ホームズの娘 (講談社文庫)

ホームズの娘 (講談社文庫)

ホームズの娘 (講談社文庫)

作家
横関大
出版社
講談社
発売日
2019-09-13
ISBN
9784065170625
amazonで購入する Kindle版を購入する

ホームズの娘 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

横関 大は、新作中心に読んでいる作家です。4年前に読んだ『ルパンの娘』に続いて『ルパンの娘』シリーズ第三弾最新作を読みました。ドラマはあまり観ていませんでしたが、三雲 華は、完全深田恭子のイメージで読みました。当初の小説に比べるとドラマの影響か、かなりコミカルになっている気がします。まだまだシリーズは続きそうです。 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html

2019/11/07

海猫

引きこもりだった渉の成長が著しい。彼と北条美雲との恋が育まれていくが、泥棒一家の長男と、探偵一家の娘で女刑事という、またもや許されざる禁断の恋に。他の濃いキャラの面々のリアクションや言動が印象に残る。後半、モリアーティを名乗る犯罪者と、桜庭和馬と北条美雲の警察官コンビとの対決になるのが、さらに読ませる。事実関係を調べていくと、知られざるLの一族の真相が浮かび上がる流れが上手い。状況も後になるほどサスペンスフルに。後味の良いエンディングになるけれど、回収してない伏線もあるし、続くのかな?

2019/10/11

のり

三雲家のもう一人が遂に動き出した。総領すら凌ぐ能力を秘めた戦略家。立て続けに事件が起きるが、「和馬」と「美雲」に解明される?というかほとんどが「猿彦」の手柄。それにしても三雲家同様に北条家もぶっ飛んでいる。常識的範囲には納まりきれない。「渉」との恋愛模様も彼等だからこそ微笑ましい。逆に「華」の存在が薄くなってきた。

2020/02/19

修一郎

タイトル通りの主役交替で期待通りさらにややこしくて楽しい人間関係の第3弾だ。伯母さんに振り回される三雲家とホームズ娘という展開も,ケビンが台頭してくるのも予想通りだ。でも彼にはもっと溌剌と表に出てきてほしいし伯母さんにはもっと怖ろしいラスボスぶりを期待したい。この流れで次作は,北条家のお父さんと,渉/美雲のペアが活躍してラスボス伯母さんと対峙する展開になってくれるといいですな。ところで,「三雲美雲」問題は解決したのだろうか?ここは嫁入りしてパンダ名になっても良かったかも。次回のお楽しみだ。。

2019/11/26

nobby

沈着冷静を狂わされての悲劇と、飄々とした技術からの生還、そこに共通するのは一途な愛…なかなか号泣モノにもなり得る展開なんだけど、クスっと繰り返して読むしかない!前作ラスト衝撃のfall in loveから、ドキドキして読み始めたら案外静かで笑う。結構、淡々と描かれる事件の捜査模様に、随所でみせるホームズな頭脳明晰ぶりが心地よい。それに加えて突然とぶっ込まれるルパン家族の異端な活躍が大好き。その相手が“モリアーティ”名乗るなんて嬉しい限り。楽しく一気読みする中で、マトモになったケビンがまさに自分のツボ(笑)

2019/09/20

感想・レビューをもっと見る