読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜廻り猫(6)特装版 (プレミアムKC)

夜廻り猫(6)特装版 (プレミアムKC)

夜廻り猫(6)特装版 (プレミアムKC)

作家
深谷かほる
出版社
講談社
発売日
2019-11-22
ISBN
9784065177815
amazonで購入する Kindle版を購入する

夜廻り猫(6)特装版 (プレミアムKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベル@bell-zou

お医者さんの処方薬よりも、ゆっくりやさしく心にまでしみてくる。頑張れないときは頑張らない。温かいゴハンをたべよう。貧むす、明日のお弁当にしよ。ただのお友達とは違う戦友の絆、510話「昔の敵」がいいな。モネちゃんのわがままも相変わらず可愛い。カラーお姉ちゃんてやっぱイイ女だったのね。たけしさんとこのダブルワンコ、グッジョブ。あとがき、ハッピーのおさんぽ。ふたりの後ろ姿が、536話「本気」と繋がるところがあり(まじモードマキシマムのまりさん、カッコイイ!)あたたかさが余計に切ないなぁ。

2019/12/06

ちいこ

盛り沢山な特装版。優しい気持ちになります。

2019/11/25

こぽぞう☆

発売日の昨日、アマゾンより到着。読んだのは今日。いいねぇ宙さん。おねえちゃまも、ニィも。もちろん遠藤平蔵、重蔵。人気キャラクター安定の愛であふれてる。最初の頃と比べると、泣いてる人間たちにも少し救いがある感じ。

2019/11/23

あまね

疲れてたので、特装版を買う(笑) 時々、ニイが痛々しいと思ってたので、遠藤商店の話は救われたよ。それぞれのエピソードひとつひとつが、誰かの救いや慰めになってくれればいい。少なくても、明日も生きてみようと思えてくれれば…。そしてもう少し、優しい自分になりたいと、いつも思う。雑巾野郎も叶姉妹には弱いのがわかって笑ったわ。

2020/03/21

感想・レビューをもっと見る