読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

化物語(9) (KCデラックス)

化物語(9) (KCデラックス)

化物語(9) (KCデラックス)

作家
西尾維新
大暮維人
出版社
講談社
発売日
2020-05-15
ISBN
9784065188538
amazonで購入する Kindle版を購入する

化物語(9) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

委員長、最強だね。ヴァンパイアハンターたちに一歩も引かない受け答え。そしてあれよあれよという間に、キスショットの眷族として闘うことを余儀無くされる暦くん。影の主役たるキスショットの可愛らしさと忍野メメさんのカッコ良さが炸裂の9巻。あれ忍野さんてこんなにカッコ良かったっけ?

2020/05/19

exsoy

まーだパンツネタ引っ張るw うむっ!

2020/05/20

柏バカ一代

相変わらず絵が綺麗。話的には阿良々木暦が吸血鬼になり、キスショットから眷属について聞く。あとなんか相手も複雑。

2020/05/16

レリナ

キスショットもそうだが、ハンター達のキャラがもう最高。こんな濃いキャラを漫画で高品質に描いているから、面白くてたまらない。一言で言うと、最高。羽川のハンターとのやりとりが面白い。画力が高いのとやはり話運びが上手いので、うまくその辺りのバランスが取れていると思う。なんかもう、キスショットのかわいさと、羽川の魅力だけで話が成立しそうな感じではあるが、次巻からさらに話が進みそうで、ワクワクする。暦が今回トラブル続きで体は持つのだろうか。怪異殺しキスショット。その眷属となった暦。結はどうなる。次巻に期待。

2020/05/16

金目

正ヒロイン羽川説。文句なしに可愛くないですかこのバサ姉。大暮維人が過去編始めたら単行本3巻以上覚悟しろとは言うけど、思いのほかがっつり傷物語やる気配。そうするとますます羽川が正ヒロインっぽくなっちゃうと思うけど、どうなんだろう。個人的には願ったりだけれど。ギロチンカッターのキャラ付けが登場からちゃんとしてるので、これを大塚芳忠さんの声で聞いてみたい。人と猿の違いは親指問答、何となく大暮先生の魔人思い出した。死屍累生死郎が一コマだけいるの細かいなぁ

2020/06/09

感想・レビューをもっと見る