読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ひとりでしにたい(1) (モーニング KC)

ひとりでしにたい(1) (モーニング KC)

ひとりでしにたい(1) (モーニング KC)

作家
カレー沢薫
ドネリー美咲
出版社
講談社
発売日
2020-03-23
ISBN
9784065189931
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひとりでしにたい(1) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

shikada

35歳OLが、叔母の孤独死をきっかけに、自分が死ぬときの後始末を考え始める。彼女は「結婚すれば大丈夫」「お金があれば大丈夫」という安直な思い込みを一つ一つ整理していく。彼女が、職場の後輩の男子と話して自分の価値観をアップデートしていく様子が良かった。正直、ラブコメ要素がなくても十分読める内容だと思う。

2020/05/22

うさうさ

試し読みで第一話を読み、良さそうだったので購入。 好きだった叔母さんが孤独死した事で色々考え出した30半ばの女性が主人公。 グサグサ刺さるし、ハッと考えさせられる言葉もあり楽しめた。 奨学金の話なんかも良かった。 また2巻が楽しみ!

2020/03/29

あとがきで著者がこの漫画のテーマは「孤独死」「老後」「猫は神」の3つだと書いていると聞いて読む。ある意味重い話、胸にぐさりと刺さってくる内容を、良いテンポと笑いで読ませるのがすごい。一応自分は独身ではないが、「老後」は他人事ではないし、どういう老後になるかが神のみぞ知るである。そして何より、猫がかわいい。猫がかわいいのは世の真理であるが……。

2020/03/30

かな

子供のころ憧れだった伯母さんが孤独死したのをきっかけに、死について考えるようになる山口さんのお話。笑い事じゃない現実をガンガン被せてくるのだが面白かった。どう死ぬかはどう生きるか、ふだんから人を傷つけるような言動を避けるとか、いざとなったらどうしたら助かるかをちゃんと思考力がはたらくうちに調べときなさいとか、耳に痛いことをシビアに描いていて、参考になった。。シビアすぎて逆に元気がでるというか、生きてるってありがたいと思った。

2020/03/30

patapon

子どもの頃の憧れだった伯母がまさかの孤独死。しかも保温タイプの風呂で。35歳独身学芸員の主人公が始める終活。主人公が自分の無知や甘さや迂闊さ、残酷さに気付くのがいたたまれない。でも素直。まずは情報のアップデートと自分の現状把握をしようとする姿にちょっとだけ励まされる。自分以外の世界を知ろうとするのはこんなにもきつくて、でも大切なことだ。

2020/05/02

感想・レビューをもっと見る