読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デリバリールーム

デリバリールーム

デリバリールーム

作家
西尾維新
出版社
講談社
発売日
2020-09-30
ISBN
9784065202418
amazonで購入する Kindle版を購入する

「デリバリールーム」のおすすめレビュー

小説は事実より奇なり。西尾維新最新作『デリバリールーム』は、参加費50万円のデスゲーム!?

本稿には刺激的な内容が含まれます。ご了承の上、お読みください。

『デリバリールーム』(西尾維新/講談社)

 単語の前に「最後の」という修飾語を付けるとなんでも感動する、という説がある。最後のお寿司。最後のネット通販。最後の恋人。最後のデスゲーム……はそれが初めてじゃない感じがして痛みが増す! さきほどの単語の前に「初めて」を付けると、今度はなんでもときめくことにも気づく。初めてのお寿司。初めてのネット通販。初めての恋人。初めてのデスゲーム……は2回目以降も約束されているっぽくてやっぱりキツい!! ことほど左様に、デスゲーム(=自分の命をチップにした、死をも伴う危険な娯楽。それを描いたフィクション作品)という単語は、感動もときめきもキャンセルする、恐るべき負のパワーがある。

 では、そのパワーを最も強力に、なおかつ最も不条理に噴出させる修飾語はなんだろうか? 『化物語』から始まる〈物語シリーズ〉、『掟上今日子の備忘録』に始まる〈忘却探偵シリーズ〉などを代表作に持つ西尾維新は、ノンシリーズとなる最新長編『デリバリールーム』(講談社)でそのアンサーを提示した…

2020/9/24

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

デリバリールーム / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

妊娠エンタメ。西尾維新氏による単品作品で、今回は中学生の妊婦が主人公。妊婦の元に届いたデリバリールームへの招待状。参加費50万円を持ち、6人のデスゲームが始まる。デスゲームと言っても殺し合いをするのではなく、頭を使った知能ゲームで、最後の一人になるまで戦い合うもの。悪趣味な物語であることは否定できません。登場人物が悲惨な過去を抱えています。特に主人公の宮子は名前の付け方から、妊婦になった理由から、今の家族関係からも不幸そのもの。ゲームの主催者も妊婦をデータとしてか見ていない。胸糞悪いエンタメ作品でした。

2020/12/06

えみ

なんてことだ・・・なんてことだ・・・まだまだ本が見せる世界、読書という宇宙の広さを理解していなかった。何と表したらいいか、結局語彙力ないことを披露することになるが、「凄まじい」その一言。癖も、展開も、背負った運命も凄まじい。脳内かき乱されて絡み合った神経が発火しそう。妊娠、出産という神聖とも言えるデリケートな領域で、まさかこんな世界を見せられようとは。予想外。文字通りの意味で妊婦達の人生を賭けた蹴落とし合いの戦いを観賞できる。女は強し、母は戦士。デリバリールームの招待状を受け取った妊婦達の勇姿を目撃する。

2021/03/14

さっちゃん

妊婦同士のデスゲーム。セーラー服の中学生妊婦が主人公の妊娠エンタメ!もう賛否両論大炎上しそうな題材(笑)。それでも、言葉遊びをてんこ盛りにしてラストまで楽しませてくれる、西尾維新ワールド全開の一冊。

2020/12/10

りんご

妊婦によって行われる頭脳戦という奇抜すぎる設定。行われるゲームも全て妊娠にちなんだものになっているという悪趣味さ。そのうえ主人公は妊娠中の中学生というひたすら過激な物語。それなのに優しいお伽噺のようにすらすら読めてしまうのだから、不思議なものだ。それぞれ特殊な事情を抱える妊婦たちの事情が明らかになっていくところが面白かった。ゲームの内容がどれもバラエティ番組によくあるような内容なのも、作品のポップで狂った世界観がでていて良い。

2020/10/09

そら

西尾さんの作風を知らずに、タイトルと読友さんのレビューにて手に取る。事情ある妊婦を5人集めて「幸せで安全な出産」のためにトーナメント方式で戦わせるゲームだったが、知能、体力ともに必要で、よくこんなことが思い付くなという感想。そして、表現の自由と何を読むかの我々の自由。どう感じるか?さえ本人の自由だからこそ、手に取るも、目を背けるもその人の自由。良識ある大人や妊婦さんが読めば、炎上間違いなしの不謹慎極まりない内容を、サッパリと最後まで読ませる作品はある意味極上のエンターテイメントでした!読書とは奥深いなあ。

2020/11/28

感想・レビューをもっと見る