読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛されなくても別に

愛されなくても別に

愛されなくても別に

作家
武田綾乃
出版社
講談社
発売日
2020-08-26
ISBN
9784065205785
amazonで購入する Kindle版を購入する

「愛されなくても別に」のおすすめレビュー

愛されなくても生きてていいですか? 親のために働きつづける女子大生が背負う「親子愛」という「呪い」

『愛されなくても別に』(武田綾乃/講談社)

 愛されること。それは世の中に数多くある“こうあるべき”という価値観のうち、ひと際逃れがたい「呪い」である。家族やパートナー、友人に愛されることは、まるでそれ自体が人間の価値を決めるかのように語られる。SNSを見れば、自分が「愛されている」ことでマウントをとる人や、逆に「誰からも愛されない」ことを嘆く人がいる。さらには、「愛されるには○○すべき!」とテクニックを語る人もいて…。この世は無数の「愛されたい」にあふれている。

 それなら、愛されない人生は幸せじゃないのか。愛されなきゃ生きちゃいけないのか。武田綾乃さんの新刊『愛されなくても別に』(講談社)は、そんな世界に対する反抗なのだと思う。主人公の宮田陽彩は、19歳の女子大学生。母親とふたり暮らしの彼女は、1日8時間のアルバイトを週6でこなす。睡眠時間を削って働く理由は、家に入れるお金(月8万円)と年間約100万円の学費を稼ぐためだ。母親は年収400万円ほどあるが、浪費癖がひどく学費は払ってもらえない。家事もできないから、ご飯は陽彩が作る。

 陽彩が抱えるのは…

2020/9/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

愛されなくても別に / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

こっちの【愛】だったかぁ。『愛情は、すべてを帳消しにできる魔法なんかじゃない。』ー愛されてたら、子供はなんでも許さなきゃいけないわけー「私、家族辞めるよ」そう言って自分の人生を生きることができるのはいつ?そこしか居場所が無いと、それでも親を求める子供が沢山いるのだろうと思うと親として私は遣り切れない。私の【愛】は自己満足の押し付けだったのかもしれないなぁ。いつか息子に聞いてみたい。「愛されなくても別に」は強がりの寂しい言葉だが、親とか愛とか考えさせられる本作。誰もが自分の人生を生きて行け!

2020/09/28

シナモン

奨学金や養育費まで使い込んでしまう母親。信じてたのに…育ててもらった恩があるから尽くしてたのに…。通帳の残額3万円の文字を見たときの陽彩の気持ちを思うとやりきれなさでいっぱいになった。「いいじゃん、愛されなくても別に。他人から愛されなければいけないなんて、そんなのは呪いみたいなもんだよ」江永の言葉が胸に刺さった。人生、まだ始まったばかり。この先も母親、家族の呪縛に苦しむこともあると思うけど、みんな幸せに生きていってほしい。重いテーマだったけどスピード感もあり読みやすい一冊でした。

2020/11/08

みどり虫

翻訳され「毒親」なる言葉が日本に紹介されたのは1999年。それより以前の私の学生時代、友人は毒親の元にいた。当時、私は彼女がどうしてそんなにお金がないないと言うのか、どうしてそんなにアルバイトをするのかちゃんとは理解していなかった。だって親だよ?…今も大切な友人である彼女が陽彩に重なってとても苦しい読書だった。私はまだわかっちゃいなかった。けれどこれを読んだからって今更彼女への接し方は変えない。それほどの物語だったから。わかったふりはダメでもわかりたいとは思う。タイトルは投げやりじゃない。彼女達の希望だ。

2020/09/13

machi☺︎︎゛

当たり前のように親からの愛情を受け、また親になってからは子供に対し当たり前に愛情を注いできた私には想像しかできないけど歪んだ愛情で愛されるくらいなら、愛されなくても別に。ということになるのだろうか。いわゆる毒親を持つ3人の、主には2人の友情は成り立つのか。嫌な計算無くお互いを必要とする。私はなかなかこの2人の関係性は理解できないけど今の若い子達らしい生き方だと思った。宮田と江永のこれからが幸せなものである事を願う。

2020/12/16

遥かなる想い

第42回吉川英治文学新人賞。 バイトして生きる女子大生宮田の視線が 小気味よく ひねくれて 共感を覚える作品である。残酷な母娘の関係が 巧みなタッチで 描かれていく。同居する江永、同級生木村の生き様も 現代の若者たちの生態なのだろうか? 宮田のぶれない勁さが印象的な作品だった。

2021/03/05

感想・レビューをもっと見る