読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ノラと雑草(4) (モーニング KC)

ノラと雑草(4) (モーニング KC)

ノラと雑草(4) (モーニング KC)

作家
真造圭伍
出版社
講談社
発売日
2020-10-23
ISBN
9784065210758
amazonで購入する Kindle版を購入する

ノラと雑草(4) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コリエル

完結。約束された破局ではあったし、世間的にはストックホルム症候群の一例として片付けられてしまうような「親子」関係だったが、世界は広いのだからそんな類型に縛られないこんな二人が存在してもおかしくないと思う。4年後の詩織は髪を染め見た目を変えて暮らしているからきっと楽な生活ではないのだろうが、彼女が手にする画材屋の紙袋に、人生を諦めていない姿がそこにあるのは最後まで読んで救われるかなと。

2020/11/26

なつのおすすめあにめ

あっさりしているけど、それでよかったんだな~ってラスト。

2020/11/10

私市

堂々完結、先生お疲れ様でした!読み終わった後に表紙を見返すと感慨深いものが込み上げてくる…。詩織にとっての本物の正義が世間的な目や法律、大衆、愛してくれない実親によって踏みにじられていく哀しさに触れて自分も視野を広げて生きていければ…と感じさせてくれるものが確かに存在していた。ある種の歯痒さを残しながらも、最初から最後まで現実を描いたフィクションであり続けた事に拍手!

2020/10/27

Arataki

これは立派な結末。難しいテーマを良く描ききりました。「帰りたくない」俺も読んだことあった、アレは男が手を出してたと明らかになった時点でルポライター(と弁護士)の心が離れたのがのがあからさまでバランス悪かったね。

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る