読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黙示録の四騎士(1) (講談社コミックス)

黙示録の四騎士(1) (講談社コミックス)

黙示録の四騎士(1) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2021-04-16
ISBN
9784065229828
amazonで購入する Kindle版を購入する

黙示録の四騎士(1) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「お前はまだ子供じゃが、いつかは・・・」「「悪しきを挫き弱きを助けよ・・・大切なものを己が命をかけ守る者となれ」でしょ?」。雲海を突き抜けて聳り立つ「神の指」で育ってきた少年パーシバル。そこでの穏やかな祖父との暮らしは空より舟でやって来た謎の聖騎士により蹂躙され破壊される。彼の意外な正体を今際の際の祖父から聞かされた少年は雲海の遥か下の広大な大地へと旅立つ。かつて「七つの大罪」が「十戒」と「魔神王」を追い払ったブリタニアへと。かねてより公言されていた作者自身による前作の正統続編開幕(以下コメ欄に余談)。

2021/04/23

葉鳥

個性的な髪型だなあ。七つの大罪から何年後の話なんだろう?舞台はブリタニア、アーサーの名前がチラリと出てきたが、現在どうなっているのか。ふわっとしたパージバルが英雄型の魔力を持った四騎士の候補であるらしいというところまで。これからに期待。

2021/06/13

がう

少年の旅立ち。ドラゴンボール感(笑)ただ、はまりはないかなぁ。いろいろネタは出てきますが。16歳でこの小ささは何か意味があるんでしょうか。

2021/08/01

たー

あの七つの大罪の正当続編!ということで、期待し過ぎないようにと思いながら読み始めました。 どんな続編が始まるのか?と前知識もないまま読み進めると、アーサー王やブリタニアという単語がチラホラ出てくる物の、まだ全貌は解らず。人里離れた所でじいじに育てられたパーシバルが、どこまで成長して活躍するのか?また邪悪な王や聖騎士とは? とりあえず始まりは上々!期待して良さそうなので、今後も楽しみです。

2021/04/28

ミキ

パーシバルって年齢の割にだいぶ幼いけど、辺境に祖父と2人で育ったから精神面の成長が未発達ということなのかな。

2021/04/17

感想・レビューをもっと見る