読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)

作家
川瀬七緒
出版社
講談社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784065241929
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

だいゆー

(^^)

2021/07/26

つきか

今回は昆虫+燕の生態も。そして新しい出会いも。広澤さんの出番が少なくて残念でしたが赤堀先生の違った面も見えて、どんどん続編が楽しみになります。

2021/07/25

Steppenwolf

VG老人の遺体から発生した黒紋蚊なる虫に司法解剖に立ち会った赤堀,岩楯のいつものメンバーと深水なる所轄の捜査員らが刺されて一時は隔離されるところから始まる.老人の行動から犯人に迫ろうにもなかなか突破口にたどり着けない.今回は波多野というベテラン鑑識技術者も赤堀の手伝いに参加する.例によって虫から迫る赤堀らは烏を殺して燕を守ろうとする少年と出会う.著者はこのあたりうまく伏線を用意しており,シリーズの中ではもっともまとまっているように感じた.気付けば私は著者のファンである.

2021/07/20

さんた

相変わらず面白かった。でも、やっぱり体が痒くなります。

2021/07/16

感想・レビューをもっと見る