読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハイウェイスター (OTOMO THE COMPLETE WORKS)

ハイウェイスター (OTOMO THE COMPLETE WORKS)

ハイウェイスター (OTOMO THE COMPLETE WORKS)

作家
大友克洋
出版社
講談社
発売日
2022-05-20
ISBN
9784065273180
amazonで購入する

ハイウェイスター (OTOMO THE COMPLETE WORKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『OTOMO THE COMPLETE WORKS』で再読する『ハイウェイスター』。1976年の春から1977年の夏にかけて、約1年間に発表された作品が収録されている。画、構成、演出、ストーリーと、試行錯誤の痕跡があからさまに見て取れるが、その試行錯誤ですら面白く読めてしまうのだからたまらない。大友にとって、あくまで試行錯誤の場なわけだから、アメリカンニューシネマであったり、カート・ヴォネガット・ジュニアであったりと、元ネタからの影響もまるで隠す必要がなかったのが清々しい。(つづく)

2022/05/28

KDS

「BOOGIE WOOGIE WALTZ」には未読作品がいくつか収録されていたが、この「ハイウェイスター」に収められたものは全て既読作品だった。しかし旧版の単行本「ハイウェイスター」収録作は「酒井さんちのゆきえちゃん」「ハイウェイスター」「星霜」の三作のみで、残りは「GOOD WEATHER」と「ショート・ピース」に収録されていたもので構成されている。表題が同じだからといって、収録作まで同じというわけじゃないようである。「NOTHING WILL BE AS IT WAS」が強烈でお気に入りの一作。

2022/05/29

よしおか のぼる

こういう雰囲気の漫画は、時代を選ぶ。

2022/05/21

感想・レビューをもっと見る