KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

合理的にあり得ない2 上水流涼子の究明

合理的にあり得ない2 上水流涼子の究明

合理的にあり得ない2 上水流涼子の究明

作家
柚月裕子
出版社
講談社
発売日
2023-03-29
ISBN
9784065297810
amazonで購入する Kindle版を購入する

合理的にあり得ない2 上水流涼子の究明 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

柚月 裕子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。6年前に読んだ第一作に続く、シリーズ第二弾、面白くなくはないですが、コミカルなタッチなので、原作よりもドラマに軍配を上げます。 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000370454 https://www.ktv.jp/arienai/

2023/05/06

ノンケ女医長

「いったい、著者はどうなさったんだろう」という不安。作風は淡く、展開にやや強引さを感じ、いつもの流麗さは…。最終章「立場的にあり得ない」は特に深刻。症状が安定していない入院患者との面会を、消灯時刻を過ぎたあとに許可した無謀さ。「摂食障害」の診断にも大きな疑問が浮かぶ。縁も所縁もない他人が突然院内へ乗り込み、心を病んだ原因の追求だなんて、分不相応もいいところだ。涼子が説諭する言葉には、LGBTの心性も含め、少数者への配慮は微塵も感じられず、粗野の一言に尽きる。突拍子のない展開が目立った。

2023/08/05

うっちー

続編は前作超えを期待します

2023/05/04

まちゃ

上水流涼子シリーズ第2弾。上水流涼子と助手・貴山との関係性も定まって安定して読めますが、その分新鮮味は少なめ。「立場的にあり得ない」は、柚月さんらしさがあって良かったかな。それにしても、貴山は有能すぎ。あり得な~い。

2023/04/23

のぶ

この本の一作目が出た時に、二作目が出ると思わなかった。主人公の上水流涼子に魅力を感じなかったから。前作が5つの「あり得ない話」なのに対し、今回は「物理的にあり得ない」「倫理的にあり得ない」「立場的にあり得ない」の3作。本作を読んでみたがやはりあまり面白くない。前作と同じように上水流涼子の存在感が薄い。ありえない依頼を持ち込んでくるのは良いのだが、展開がまだるっこしい。唯一、アシスタントを勤める貴山のキャラが魅力的で面白い存在だったので、この先シリーズが続くのであれば貴山を前面に出した方が良いだろう。

2023/04/24

感想・レビューをもっと見る