読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文庫版 話を聞かない男、地図が読めない女

文庫版 話を聞かない男、地図が読めない女

文庫版 話を聞かない男、地図が読めない女

作家
アラン・ピーズ
バーバラ・ピーズ
藤井 留美
出版社
主婦の友社
発売日
2002-11-01
ISBN
9784072352175
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「男と女の謎」を解き明かし、日本で200万部、全世界で600万部、42カ国でNo.1となった超ベストセラー!

文庫版 話を聞かない男、地図が読めない女 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤井寛子

男と女を知るにはすごく良い本だと思う。だけどあまり面白くなかった。ちなみに私は男脳だった。

2015/11/14

テディ

当時これを読んだ時は、男女の特徴って世界万国共通なんだな。という程度で笑いながら楽しんでいた。今冷静になって考えると本書は男女性差の特徴を見事に紹介してくれている。女性は、男性よりも嗅覚が優れているものの自分を見てほしい。自分により関心を持ってほしい。という願望が強い。男性は、細かい処に目が届かずにドライで単純。ストレスは沈黙で対応。女性とは正反対。よく喋る。家庭でも職場でも女性目線からすると自分は、相当鈍感らしい。この本を読んで納得出来た。複数の女性がいる場合は、対等の回数で接する事。私には苦行である。

2018/08/05

津築 都古

今の部署に移ってから、職場の男子社員の事が理解できなかったため手にとった本。男女のいろいろな差は能力の差ではなく、脳のつくりがそもそも違うから。ホルモンに関わるいろいろが違うから。科学的にすごく納得した。男の行動について納得がいった。そのものの根底が違うのだから分かり合うなんてストレスなく出来るわけがない。男女差は脳のつくりの差だと早く常識として浸透すればいいな。

2011/12/18

><

初版2002年。男性と女性の特徴は脳の違いから来ているそうなのですが、どこまで本当なんだろうか。確かに、そういうところもあるかもなーと思うのですが、それが本当に脳の仕組みから来ているのかと言われると、うーん。「ほら、昔からそうでしょ?」「現代の男性(もしくは女性)ってそういう傾向があるでしょ?」とあるある話を盛り込みながら、書かれているのですが、うーん。自分の性格に合わなかっただけだと思うのですが、読んでいてつらくなる話が多かったです。

2017/02/08

団塊シニア

男女の違いについて11のテーマについて語られており、人間を知るためのガイドブックとして活用したい。

2012/07/05

感想・レビューをもっと見る