読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース (コバルト文庫)

炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース (コバルト文庫)

炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース (コバルト文庫)

作家
桑原水菜
高嶋上総
出版社
集英社
発売日
2017-12-26
ISBN
9784086080606
amazonで購入する Kindle版を購入する

炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース (コバルト文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

枯伍

一気に読んでしまいました。感無量。美奈子の覚悟と景虎の覚悟は奇しくも同じだったけど、果たされずに終わってしまったな。髪切った景虎inはイラストで見たかった~ 信長との対決は本編最終巻のテレビ局を思い出した。ラストバトルは白熱。終章は邂逅編も絡めつつあのシーンに続く。涙ながらに読み切ったのだが、最後って結局「魔王はまだ死んではいない。俺たちの戦いはこれからだ!」だよね(笑) という訳で環結の続きを読みに行こうと思う。

2017/12/27

べべっち

これで環結。そして1巻へ。デビューから追いかけて来た作品がまた1つ終わっちゃった…本編再読か?

2018/01/18

しるるん

27年に渡り書かれたミラージュシリーズついに完結。いや、昭和編の後に本編が来るので環結なんでしょうね。本編では換生した理由を譲を見守るためと言っていたけど、本当は直江とゼロからやり直すためだったと知ってホッとしている。本編の締めくくりもすばらしかったが、昭和編は完璧だと思う。これだけの長編を綺麗にまとめあげた桑原先生はすごい人だ。 素晴らしい小説をありがとう!

2018/08/03

E

昭和編の最終巻にして本編の一巻に繋がるこの一冊。完結にして環結。ああ、もう感無量。いろいろ思うことはあるけど、今は言葉がでない。今度こそたどり着こう オレとおまえの最上の場所へ に胸が苦しくなった。本編でも何度も出てきたこの言葉。ずっとそれを求め、あがき続けるその姿を見つめてきたからこそなんかもう胸に迫るものがあった。橘直江と高耶さんのファーストコンタクトにも泣きそうになったしまた本編一巻から読み返そうと思った。

2017/12/28

ayakobook

環結。まさに環結という言葉が、とてもしっくり。思わず、環の意味を調べました。 ずっと読み続けていたので、最後にどんな気持ちになるのか。。と、恐る恐る読み進めていました。 この二文字に、あの二人に続いていくことにせつなくもあり終わりでない、色んな意味がつまってました。一生で、こんなに虜になるほど、読み続けられる物語に出会えてしあわせでした☆

2017/12/28

感想・レビューをもっと見る