読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

姫ちゃんのリボン 2 (集英社文庫(コミック版))

姫ちゃんのリボン 2 (集英社文庫(コミック版))

姫ちゃんのリボン 2 (集英社文庫(コミック版))

作家
水沢めぐみ
出版社
集英社
発売日
2003-01-17
ISBN
9784086180054
amazonで購入する Kindle版を購入する

姫ちゃんのリボン 2 (集英社文庫(コミック版)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

リボンの秘密の共有者になった小林大地。頼もしい秘密の共有者が出来てホッとする姫ちゃん。「俺に言えよ!」って、大地がかっこいい!!毎回、大地に助けてもらうんじゃなくて、もう少し考えてから行動した方が良いよ姫ちゃん。謎の転校生、有坂静の本性が残念キャラだった。

2017/04/19

月島雫

大地がかっこいい。ちょっと意地悪だけど運動神経抜群で行動力もあって頭がいい。なんて理想のヒーロー。これから巻を追う毎にどんどんかっこよくなるので私の心臓が持つか不安です。小学生のころと同じように大地にときめいています。いけいけGOGOじゃーんぷ!

2014/01/22

雨音

大分前に買ってて、ようやく読めた。 姫ちゃんは、こうも次から次へとトラブル起こせるなぁ~。そして、いざという時に絶対に助けてくれる大地は、今読んでもカッコイイ!! ポコ太は、どうなちゃうんだろ。 ★★★

2018/12/30

メドじゅん

電子書籍・期間限定無料版/いい具合に忘れていて、あと細かいところの描写にも気がついたりして、大人になってからの再読はいいものですね。大地はいいヒーローキャラですよ、本当に…。姫子がうらやましい(笑) 1巻で、失恋して泣いていた姫子を見て動揺したとき以来、おそらく大地は彼女を女性として意識してるのではないかと。勝手に想像しながら読んでいます……あぁ~たまらんな(笑) そして2巻は…ポコ太の運命やいかに!! 続きが気になる…実家のコミックス、もう手放しちゃった気がするけど、今度帰ったら一応見てみよう……

2015/10/02

緋莢@感想お休み中

大地の弟を助けるために、大地の前で、魔法のリボンを使い変身してしまった姫子。全てを打ち明け、秘密を共有する事になり、魔法の国でも特例として、記憶を消される事を免れた。だが、有坂静という少年が転入して来た事により、新たな波乱が・・・

2012/06/10

感想・レビューをもっと見る