読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SPY×FAMILY 家族の肖像 (JUMP j BOOKS)

SPY×FAMILY 家族の肖像 (JUMP j BOOKS)

SPY×FAMILY 家族の肖像 (JUMP j BOOKS)

作家
遠藤達哉
矢島 綾
出版社
集英社
発売日
2021-07-02
ISBN
9784087035124
amazonで購入する Kindle版を購入する

SPY×FAMILY 家族の肖像 (JUMP j BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

スパイの夫ロイド、暗殺者の妻ヨル、超能力を持った娘アーニャ、予知能力を持つ番犬ボイド…互いに正体を隠したフォージャー家の秘密を描いた人気コミックのスピンオフノベライズ。内容としては自然教室でアーニャが計画したダミアンとの仲良し大作戦、アーニャを職業体験施設に連れて行くユーリ、フランキーと盲目の少女とのささやかな交流、休日にでかけた出かけて有名画家のモデルになるなど、サイドストーリー的な4編+掌編という構成でしたが、コミックで読んで抱いていたイメージともうまくマッチしていて、彼らのドタバタ劇を楽しめました。

2021/08/08

優輝

SPY×FAMILYは好きで漫画読んでたので購入 アーニャの学園行事やユーリとのお出かけなど 日常の話が多くて漫画にも劣らないギャグセンスが 楽しかったです そんな中にもそれぞれの葛藤や過去が垣間見えてました しっかり家族なのがいいですね(*´ω`*) ぜひ次があったらまた読みたいです٩( 'ω' )و

2022/02/03

リラコ

どうかなーと思って手に取ったノベライズ。きちんと今までのエピソードを踏襲しつつ、その世界観の中でみんなが動き回っていて良かった。ユーリとアーニャのおでかけ編が楽しかった。アーニャかしこいわね。いつ崩れるかわからない不安感が通底している幸せな家族なので、ある意味永遠に続けられ、そして突然終われる設定なのがやっぱりJUMPだねぇ。

2021/07/23

Ayumi

原作の雰囲気がよく再現されていて、クスっと笑えるシーンも多くて面白かった。読みながら、アーニャのコロコロ変わる可愛らしい表情が目に浮かんだ。お気に入りは、ユーリとアーニャの2人が「おでけけ」するお話。アーニャに振り回されるユーリの姿を想像してニヤニヤしてしまった。

2022/05/31

小紫

原作の登場人物それぞれの魅力が十分に活かされた短編集のノベライズでした。ユーリが出てくる話でほっこりさせられるとは、アーニャの力は偉大です(笑)。逆にいつもなら三枚目のフランキーには、裏の世界に生きる住人としての悲哀や非情さも垣間見えて、ちょっとしんみりもしましたけれど、それでもやはりこの漫画の世界観の中での大団円で、楽しんで読みました。

2021/08/29

感想・レビューをもっと見る