読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

<ヴィジュアル版> フランス革命の肖像 (集英社新書)

<ヴィジュアル版> フランス革命の肖像 (集英社新書)

<ヴィジュアル版> フランス革命の肖像 (集英社新書)

作家
佐藤賢一
出版社
集英社
発売日
2010-05-14
ISBN
9784087205411
amazonで購入する

<ヴィジュアル版> フランス革命の肖像 (集英社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

17

『小説フランス革命』の全巻読破後に読もうと購入したものの、後回しにされていた本書。『美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯』を読んだ流れで読了しました。『小説フランス革命』は顔を想像しながら読んでいましたが、イメージ通りだった顔、そうでもなかった顔、それぞれです。ミラボーやダントン、ラ=ファイエットなどはイメージ通りでしたね。顔から革命の息吹が聞こえてきそうです。[2016-086]

2016/09/24

クサバナリスト

『小説フランス革命』を読みながら眺めていたが、途中からやめ、全巻読み終えたところであらためて本書を読了。最後の年表や人物相関図(派閥の関係図)は、『小説フランス革命』を読むときに役に立った。『小説フランス革命』を読む途中、自分が想像していた人物像と後日比較すしてみるのは面白いかもしれない。

2015/08/22

ごへいもち

革命時の肖像画を並べて興味ある手軽な本ではあるが文は趣がない。この著者は気になりながら読んだことがなかったが読む気は失せた。ず~っと、見てくるとナポレオンが頭抜けて美しい

2011/05/22

Riopapa

著者の小説フランス革命を読んでいるところだったので、登場人物たちの顔がわかってよかった。ルイ16世はベルばらとはかなり違った雰囲気。

2017/07/16

ななせ

久しぶりのフランス革命に関する本。著者の「小説フランス革命」に登場していた人がこんな顔だったのか!と楽しく読めました。顔を知ってる人でも見たことの無い肖像画もありよかったです。これを参考にしながらまた小説フランス革命再読したい。

2019/04/08

感想・レビューをもっと見る