読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

母のあしおと (集英社文庫)

母のあしおと (集英社文庫)

母のあしおと (集英社文庫)

作家
神田茜
出版社
集英社
発売日
2020-04-17
ISBN
9784087441017
amazonで購入する Kindle版を購入する

「母のあしおと (集英社文庫)」のおすすめレビュー

「平凡なお母さん」なんて一人もいない。ある女性の人生を死後から遡る、話題の連作短編集が文庫化

本日発売の「文庫本」の内容をいち早く紹介! サイズが小さいので移動などの持ち運びにも便利で、値段も手ごろに入手できるのが文庫本の魅力。読み逃していた“人気作品”を楽しむことができる、貴重なチャンスをお見逃しなく。 《以下のレビューは単行本刊行時(2018年8月)の紹介です》

『母のあしおと』(神田茜/集英社)

「自分のこれまでの人生には、どんなドラマが詰まっているのだろう」―そう考えさせてくれる『母のあしおと』(神田茜/集英社)は、ひとりの女性の生涯を逆から順に辿っていくという、新感覚な連作短編集だ。

 主人公は北海道に住んでいた、「道子」。5人兄弟の末っ子として生まれた道子は妻、母、義母、祖母として生き、天に旅立っていった。物語は、そんな道子の死後のエピソードから幕を開ける。妻の死後を生きる夫やお葬式の時の次男、長男の婚約者など視点人物を変えて語られていく道子の人生には、様々な喜怒哀楽が詰め込まれている。

 人は生きているうちに、どん底な日を何度も経験することがある。しかし、そんな日さえも長い目で見たら、「悪くない」と思えるのかもしれないと感じさせる力…

2020/4/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

母のあしおと (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

momo

連作短編集で主人公の道子を軸に時間が遡っていく話なのだが、語り手が章ごとに変わり大変分かりにくかった。感情移入する前に話が切れ消化不良のまま読了。冒頭の「はちみつ」のストーリーにもっと幅を持たせた方が良かったのではないかという印象。

2022/05/20

Ayakankoku

一人の女性の人生を様々な人の視点から遡っていく連作短編集。娘として、妻として、母として、姑として…誰しも色んな顔があるのだなと思う。こうやって、家族というのは、脈々と繋がっていくのだろう。優しく、心に響く作品だった。

2020/05/06

こばゆみ

一人の女性の生涯を、それぞれ異なった視点から遡っていく連作短篇集。最後の話は結末を知っているだけに泣ける…何かあった時に良いことばかり想像するのって難しい…あとは、喧嘩した相手の家に謝りに行く兄弟の章が特に良かったな。

2020/05/16

水さん

自分の母の幼い頃の写真を見ると、秘密を垣間見てしまったような罪悪感があります。

2020/08/22

れん

☆4.2 初めて読む作家さん。本業は講談師らしい。ひとりの女性、道子を軸に時間はどんどん過去にもどっていく。しかし、分かりづらくないのは、作者の筆力の素晴らしさか。道子はひとりの女性としては、あまり好きになれないタイプだが、作品そのものは良かった。しばらく神田茜さんにはまりそうだな。北海道、今日も肌寒いです。

2020/06/26

感想・レビューをもっと見る