読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛情セミナー (集英社文庫)

愛情セミナー (集英社文庫)

愛情セミナー (集英社文庫)

作家
遠藤周作
出版社
集英社
発売日
2013-02-20
ISBN
9784087450385
amazonで購入する Kindle版を購入する

愛情セミナー (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

roomy

ぼくの愛情診断が特に面白かった〜壮烈、肉弾あいうつ、撲りあいの夫婦喧嘩はしたことないし、したくないけれど遠藤さんはとても楽しい夫婦の日々をおくられたようで。子供についても色々書かれており興味深かった。ライブラリー本。

2014/05/07

まあこちゃん

狐狸庵先生がどんな恋愛論を教えて下さるのか、興味津々で本書を手にとった。「嫉妬の苦しみは過去のすぎ去ったことでも今のことのように思われるし、未来のことも現在、あるように想像してしまうことから生ずるのだ。」と「誰かを愛するということはその人を信じようとする意思にほかならない。もしくは信じる賭けをなすことにほかならない。」の言葉には深く納得させられた。数々の深い言葉の中にもユーモアたっぷりで、随所に昭和の雰囲気が漂っているところが懐かしい。狐狸庵先生夫妻の喧嘩の話も昭和を感じさせ、驚きながらも笑わされる。

2017/08/24

どりぃ☆

遠藤周作こと孤狸庵先生が恋愛について、楽しい事例を交えつつ、しかし至って真っ当に指南してくれるエッセイ。失恋して瀕死の状態にあった私には救いのような一冊となった。恋と愛の違い、愛を守るには覚悟が必要なことなどなど、色々しみた。ぶっきらぼうなのに優しい。好きだ、狐狸庵センセー!と思った。立ち直れるかもしれない。本は私を救う。

2019/11/07

mym

やっぱり、遠藤さんの本は人生のバイブル。

2014/11/09

ふわとろ

「わたしが棄てた女」以来。遠藤さんのエッセイは実に読みやすい。嫉妬や恋と愛の違いなど、傍線を引きたくなる言葉ばかりで面白く読めた。作家のエッセイは本当にいい。含蓄があって面白いって最高だと思う。男性目線の恋愛論だと認めている点も潔くて素敵。

2013/02/23

感想・レビューをもっと見る