読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「ゆっくり力」ですべてがうまくいく (集英社文庫)

「ゆっくり力」ですべてがうまくいく (集英社文庫)

「ゆっくり力」ですべてがうまくいく (集英社文庫)

作家
斎藤茂太
出版社
集英社
発売日
2006-12-15
ISBN
9784087461121
amazonで購入する

「ゆっくり力」ですべてがうまくいく (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぱんにゃー

モタモタのモタさんの本(^ω^)   「品のいい顔」は、ゆっくりつくられる(3章タイトル) 必ず変わる けれども ゆっくり変わる / あせればあせるほど時間がかかりそう (コ)

2014/05/14

智湖

「『適応力のある人間がもっとも精神的に自立している』という基準で考えれば、怒りを頻繁に爆発させる人はいささか適応力に欠けているということになる。適応力とは、どんな相手でも、どんな環境でもつねに自分のペースを守りながら周りを思いやることのできる能力である。この本のテーマと関連させていえば『ゆっくり力』ということになるだろう。」

2021/02/23

扉のこちら側

初読。「善きことは、カタツムリの速度で動く」。それぞれの年代にあった輝き方があるとのこと。

2013/01/25

マキノ

ワンコインで買えた名著。人生観が変わった。「人はゆっくりとしか成長しない」「ありがとうという言葉には、心を浄化する作用がある」など名言がたくさん。とてもたくさんの箇所に線を引き、ページの角を折った。その後も何度も見返している。

2012/10/19

ミカ坊

小さい頃からノンビリで、周りに着いてゆくのが大変だった。パソコンが現れてから楽になるかと思った社会環境も、どんどん速さを求められ人間関係まで合理化。ついに精神的にパニックになり、働けなくなり8年。私がおかしいのだろうか?と、やっと疑問を感じ見つけた本がこれです。読んだら、なんだ私が正常だったんだと、マイペースに暮らせるようになりました。

2015/01/16

感想・レビューをもっと見る