読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三 (集英社文庫)

どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三 (集英社文庫)

どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三 (集英社文庫)

作家
福本清三
小田 豊二
出版社
集英社
発売日
2003-12-16
ISBN
9784087476514
amazonで購入する

どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シブ吉

日本一の斬られ役として、何度も何度も斬られてきた福本清三さん。映画やテレビ、舞台も含め、斬られ斬られて、その数、二万回。「あの人また出ている」名前を知らなくとも存在感たっぷりな斬られかた。そんな斬られ役の愛称「フクちゃん」に焦点を当てた本書は、映画黄金時代に十五歳で東映に入ったフクちゃんへのインタビューを通じ、殺陣の上手い役者、苦手な役者、メチャクチャな注文を付ける監督、下積みの苦労などなど、撮影時の裏側が垣間見れて楽しい。中でも同じ下積み仲間の川谷拓三さんへの思い出話。胸が熱くなりました。

2014/09/20

糜竺(びじく)

この本が書かれた当時で四十数年間、時代劇で二万回以上斬られ続け、代表作は「なし」(後にはハリウッド映画「ラストサムライ」でトム・クルーズと競演、2014年には映画「太秦ライムライト」で初主演」)で生きてきた福本清三氏の本です。台本が無いのが当たり前の大部屋生活でも、一生懸命やってれば誰かが見ていてくれる、という気持ちでやってこられた福本氏。私自身、その生き方に感銘を受けましたし、それでも、いたって謙虚で優しい人柄も滲み出てくる内容の本でした。地味な事でも、地道に自分も頑張ろうと思わせてくれる一冊です。

2017/04/06

thayami

世の中、脇役がいるからこその主役。著者の人生哲学である表題。同感!遣り甲斐云々、理屈じゃないからこその愚直な積み重ね。映画界、時代劇への想いは人一倍。故に、「第18回ファンタジア映画祭」最優秀主演男優賞は伊達じゃない!”フフフのお姉さん”の愛情も伊達ではない。「健康保険」は正に姉の”腕”!姉弟愛が温かい。求められるムリ・ムダ・ムラをも笑いに変えるバイタリティ。「無理でんがな~」に人柄が滲み出る。サラリーマンの鏡!(笑)

2014/08/12

Admiral2009

此れ一冊で時代劇がダメになってしまった様子が判ります。千恵蔵・右太衛門・橋蔵・錦之助らのキラ星に斬られたら、今の棒振り主人公になんかに斬られたく無かったろうな。非正規の日払いエキストラに福本さん達の大部屋俳優の代わりは出来ません。

2018/11/05

TK

子供の頃、暴れん坊な将軍を見るより、切れ長アイラインの悪役おじさんを探すのが楽しみだった。大人になって、名前を知った。私もどこかの誰かの一人として福本さんを見ていたようだ。あんなに悪そうな風貌なのに、実際は控えめで素敵な人。彼がいなくなっても斬られ役は代わりの人がやれるだろうが、彼ほど印象に残る斬られ役は、この先いないだろうな。

2014/08/30

感想・レビューをもっと見る