読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

地獄の静かな夜

地獄の静かな夜

地獄の静かな夜

作家
A・J・クィネル
大熊 榮
出版社
集英社
発売日
2001-04-05
ISBN
9784087733464
amazonで購入する

地獄の静かな夜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タミイ

高校時代「ヴァチカンからの暗殺者」に一読み惚れ?してクィネル(と大熊榮氏の黄金組!)にハマり長編をほぼ読破して約20年。今になり短編集があると知った。旅列車の恋や驚きの宇宙実験など、所謂クィネル的世界と全く違う短編も面白いのに感嘆。昔クィネルに夢中になった理由を改めて再認識した。派手な戦いや荒れた紛争地帯、緻密な諜報戦だけでなく、その奥底にある深い愛や人情(と表裏一体の憎しみと復讐)こそがクィネルの魅力!クリーシィ登場の一編も良いが、一番印象深いのは表題作「地獄の静かな夜」。こんな復讐方法があるなんて…!

2016/04/13

tai65

星5つ

2017/01/16

まるまり亀

近々にクイネル氏の地元、地中海の小国マルタ共和国に行きます。彼が亡くなったことを知りちょっと残念・・

2009/06/09

バチスカーフ

ひさびさのクリーシィ・シリーズ。多少のマンネリはあるものの相変わらず面白い。登場人物たちが年老いてきたことも、単なる娯楽モノに無い魅力。タイトルの「地獄」は、もういらないのでは。

2008/06/23

non

クリーシィー・シリーズの短編集。久しぶりのクリーシィ。相変わらずステキだった。

2004/03/08

感想・レビューをもっと見る