読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おやすみの歌が消えて (単行本)

おやすみの歌が消えて (単行本)

おやすみの歌が消えて (単行本)

作家
リアノン・ネイヴィン
越前敏弥
出版社
集英社
発売日
2019-01-04
ISBN
9784087734959
amazonで購入する

「おやすみの歌が消えて (単行本)」のおすすめレビュー

「じゅうげき」で兄は死んだ――6歳児の視点で描く、銃乱射事件の傷

『おやすみの歌が消えて』(リアノン・ネイヴィン:著、越前敏弥:翻訳/集英社)

 幼い子どもを主人公にしたシリアスな小説で、読者が違和感を覚えることが多いのは、語り口があまりにも大人びてしまっているからである。子どもが考えるはずもない政治性を主張し始めたり、性格が完璧すぎたりして「小さな大人」を見せられている感覚に陥ってしまう。

 その点、『おやすみの歌が消えて』(リアノン・ネイヴィン:著、越前敏弥:翻訳/集英社)は、惨劇に巻き込まれた家族の物語を無垢な6歳児の視点で描き出すことに成功している。アメリカの銃乱射事件を題材にしながら、政府や社会についての意見は読者に委ね、あくまで子どもの心象が描かれていくのだ。そして、どんな大きな事件でも、大切にされるべきなのは関係者の気持ちなのだという当然のことに立ち返らせてくれる。

 6歳児のザックは両親と9歳の兄・アンディと暮らす普通の小学生だ。アンディは意地悪な兄だったが、時折ザックに優しくもしてくれた。4人はどこにでもいる、幸せで平和な家族だった。ところが、日常は突然終わりを告げる。ザックたちの通う学校で「じゅ…

2019/2/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

おやすみの歌が消えて (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

信兵衛

米国で度々起きている銃乱射事件に対し、ある人物は銃を持った警備員を学校に配置すればよい、と言ったそうですが、そういうことじゃないのです。銃で殺し合うというような悲しみを、そもそも引き起こしてはいけないのだということを、本ストーリィは強く訴えています。

2019/02/08

しゃお

銃乱射事件によって兄アンディを失ったザック。息子を失った悲しみに暮れる両親。なかでも銃撃犯とその親への怒りに満ちた母親の言動は家族をバラバラにし、ザック自身も怒りや哀しみなど様々な感情に揺り動かされます。それでも大好きな両親と一緒に暮らすために〈幸せのひけつ〉を求め、決して大好きだとは思っていなかった兄かも知れないけど、その兄の死によって誰かを愛したり誰かの為になりたいと純粋に願い行動するザックの姿に応援しつつも何度も胸を打たれます。そして最後の家族の言葉に思わず号泣も、優しい気持ちに包まれる物語でした。

2019/03/06

まいごん

本文より:「幸せの秘訣」 ①自然や身の回りの小さな幸せに気付くこと。②好奇心を持つこと。③生き物に共感し大事だと思う気持ちのこと。④自分を必要としている誰かの役に立つこと。

2019/01/29

そうたそ@吉

★★★★☆ 銃乱射事件により息子アンディを失った家族。そんな家族の悲しみ、そして再生をアンディの弟である6歳のザックの視点から描くストーリー。銃規制に関する著者自身の考えが出ないように子供の視点から描いたとのことだが、その著者のねらいは巧みに作中に表現されていると思うし、何より幼い子供ならではの心情表現が見事。愛する息子を失ったことで家庭に亀裂が生まれてゆくのだが、やがて再生に向かってゆくまでの展開が素晴らしい。悲しみを優しさで包み込むかのようなストーリー。平仮名が巧みに混ぜ込まれた訳者の訳文も見事。

2019/02/13

☆☆☆☆☆ 何度も胸がつまり、そのたびに涙が頬を伝った。アメリカの小学校で銃乱射事件が起きた日のこと、犠牲になった兄のこと、両親の変わり果てた姿、さみしさやはずかしさ、いかり、かなしみといった色のついた感情のことを、六歳の男の子ザックの視点で描いている。家族の心がばらばらになっていく過程は次第に読むのが苦しくなるほどで、著者の実体験だと思っていたが、そうではないと判明して驚いた。日本人にはなかなか書けない類の本なので、邦訳されて、読めて良かった。

2019/02/20

感想・レビューをもっと見る