読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スノーボール (愛蔵版コミックス)

スノーボール (愛蔵版コミックス)

スノーボール (愛蔵版コミックス)

作家
今日マチ子
出版社
集英社
発売日
2018-12-25
ISBN
9784087920376
amazonで購入する

スノーボール (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

今日マチ子にしては、短編でもないのに設定が地に足がついていない感じが不思議だ。何となく春風高校光画部を彷彿とさせる卓球部創設メンバーは、みんな人格が分裂している。崇拝しているかと思えば大嫌悪して、でも、話は通じるようで。概ねがリアルでないところから関係を結ぶという話なのだろうか。タイトルがピン球のことかと思ったら、今度こそ大切に育てたい鉢だったように。ひと頃彼女の作に明確にあった死の影が明らかに薄めてあるのだから、たぶんこっそりと意欲作なんだろう。

2018/12/31

hr

近頃の今日マチ子は、一歩踏み出すような物語が多い気がする。運命に翻弄されるキャラクターから、運命を決めていくキャラクターになってきた。いい話だった。遠山先生に感情移入してしまう。

2018/12/31

感想・レビューをもっと見る