読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 新装再編版 15 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 15 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 15 (愛蔵版コミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2018-09-01
ISBN
9784087925456
amazonで購入する

SLAM DUNK 新装再編版 15 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

インターハイ開幕。柄も態度も悪い、完全無欠な悪役・豊玉高校戦。片眼をヤられた流川が底力を見せつける。主将らしくチームをひっぱる赤木もいいが、流川の凄さを本当の意味で知った花道の成長が印象深い。

2018/09/28

Y2K☮

衝動買い。作中で一番好きなキャラは、と訊かれたら「1位はメガネ君、2位は豊玉の南」と答えてる。「南って誰だっけ?」と云われる事が多い。勝利だけに囚われて何かが歪んでしまった男。FCバルセロナのファンだから彼と岸本の気持ちが少し分かる。最近のバルサの間延びしたカウンターサッカーは面白くない。かつてのショートパスを繋ぐ、俊敏で厳格で美しいスタイルが懐かしい。勝ってるからいいんだけど、でもという部分。北野監督の嘆きに著者がファンや出版社から掛けられるプレッシャーへの回答を落とし込んだと見るのは考え過ぎだろうか。

2018/09/15

ソラ

山王試合は覚えてたのだけど、1回戦は全然記憶に無かった…。 大阪はガラが悪いと思われるようなキャラ付けなのがあれだけど、ある意味勝ちたい気持ちに純粋なところがあるということで…。

2018/09/02

せ〜ちゃん

★★★★★ IH開幕。 全国大会常連校・豊玉戦。 流川負傷! ガラの悪い豊玉だが…やはりそこにもドラマがある♪

2020/12/19

どあら

妹から借りて読了。安西先生の存在は大きいですね(^^)

2018/10/08

感想・レビューをもっと見る