読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2018-09-01
ISBN
9784087925500
amazonで購入する

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

小説にしか書けない世界があって、映画にしか描けない世界もある。そして漫画にしか画けない世界もある。井上さんの迫力ある画力に、数々の名台詞を纏った物語は、まさに傑作としか言いようがない。漫画は本に比べて軽視されがちだけど、後世にまで語り継がれるべき物語。読んだことがない人は、大きな損失を抱えてます。

2018/10/12

ソラ

本当に胸が熱くなる場面の連続で最高すぎる…。 もっと彼らの行く末を読みたかったけど、ここで終わるのも余韻があっていいなぁとも思うし。

2018/09/04

Y2K☮

今更だけど「バクマン」でエイジが描いた、台詞なしの絵だけで全てを伝えるページは山王戦の最後が元ネタかな。見入った。あとインターハイ優勝校は森重のいる名朋工業だと二十年以上勘違いしていた。どうも作者が「優勝したのは作中に出て来ない学校」と話していたらしい。いくら規格外の化け物がいてもチームスポーツはひとりの力だけでは勝てないということ。海南戦も読み返そう。神とか宮益とか挫折人間の魂をくすぐる良質キャラに会いたい。花道のあの一言じゃないけど、やはり基本が大切。その上で一芸を磨きに磨けば必ず居場所を勝ち取れる。

2020/10/17

うさみP

なんでリアルで読めなかったのだ。アニメは観ていたが。『最後の1行・最後の1ページの為の小説』という言葉があるが(あるのか?)、そんなの甘いよ漫画の方がもっともっとスゲー。ある一瞬の連続、その為の全て。人によってそれぞれだが、8.2秒が一番印象に残っている。スポーツ漫画、ましてやジャンプという絶対王者の雑誌において何度の負けがあっても「最後は必ず全国制覇」が絶対的なお約束を「オレは今なんだよ!!」の1プレイでひっくりかえしてしまい青春ドラマとして着地させた超名作。読んでない人は人生損してると言い切れる。

2018/09/10

どあら

妹から借りて読了。あー、終わっちゃったな(つд`) この漫画を読めて良かったです✨

2018/10/08

感想・レビューをもっと見る