読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス)

マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス)

マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス)

作家
勝田文
出版社
集英社
発売日
2017-08-25
ISBN
9784088458168
amazonで購入する Kindle版を購入する

「マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス)」の関連記事

「マツコの知らない世界」“女子マンガ”特集に大反響!「気になる本が一気に増えた!」

『プリンセスメゾン』4巻(池辺葵/小学館)

 2017年12月12日(火)放送の「マツコの知らない世界」に、女子マンガ研究家の小田真琴が出演。“女子マンガ”というジャンルの紹介に「気になる本が一気に増えた!」「もっといろいろな女子マンガを知りたい」と関心を寄せる人が相次いでいる。

 自宅に5000冊以上のマンガがあるという小田は、マツコ・デラックスに「少女マンガ」と「女子マンガ」の違いを説明。少女マンガは現実ではありえないような設定やシチュエーションで読者に夢を与えるのに対して、女子マンガはより大人向けの内容で、「現実以上に絶望を教えてくれる」「絶望を知った上で希望を見出す」マンガだと語っている。

 女子マンガの楽しみ方を熱弁したのちに、「絶対に読むべき女子マンガ」として3つの作品を紹介。まずは、26歳独り身の女子がマンション購入のために奮闘する池辺葵の『プリンセスメゾン』を取り上げた。小田が同作の胸キュンポイントとして挙げたのは、不動産会社に勤めるクールな青年・伊達政一。普段の伊達はメガネで表情が分からないように描かれているのだが、あるシーンでメガ…

2017/12/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

マリーマリーマリー 6 (マーガレットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

最終巻。大好きな漫画が終わってしまった…(T ^ T)最後までリタはお茶目で可愛く、森田さんは痺れるほど恰好良かった♡溢れるハッピーオーラに包まれた世界全てが大好きだ。四姉妹と父親の話、恰好良いものを探すカメラ小僧の話が好き。勝田文さんのオリジナル作品では、長らく『あのこにもらった音楽』が1番好きだったけど、この作品が1番になった♫

2017/08/30

あこ*漫画専用*

最終話、砂漠広がる異国や、石畳の可愛い小道、もうどこだか全然分かんない鳥達の誘うハイウェイ…想像の中でミニは沢山旅をする。 もっと続けたかったという勝田文さんの気持ちが託されているようで切ない。 ただリタと森田さん達はいつも自然体で、相変わらずに幸せいっぱい。 こんなに幸せが溢れてる漫画って、あんまり知らない。

2017/08/26

ゆり

完結。最後まで明るくてかわいくておかしくて読んでいると幸せな気分になれる素敵な少女漫画でした。四姉妹とおとうさんのエピソードが一番好きかなあ。お雛様のかざりと花束とももちゃんの晴れ着と涙があわさってまさに桃の節句!という感じで美しい。二郎君ときりえちゃんのふたりに合わせてリタの方まで幸せなニュースが飛び込んできておめでたい!リタと森田さんの夫婦は巻が進むごとにしっくりなじみおしどり夫婦となってきていていとおしさが増してゆきました。森田さんがリタを見守るまなざしも優しいし格好良くてしびれる!みんなお幸せに。

2017/09/03

ako

最終巻。毎日ハッピーに生きてるリタと森田。そんな二人に嬉しい報告が! 二郎ときりえの結婚、リタの三つ子妊娠など最後まで明るく楽しかった。

2017/11/13

akihiko810/アカウント移行中

6巻完結まで。素敵な夫婦とキュートなミニの物語完結。鍼灸師のリタが、勢いで出会ったばかりのブルースミュージシャン森田と結婚する結婚コメディ。7/10点 リタも森田も可愛く、相性のあう結婚てすごく楽しいな、と思わせてくれる作品。絵柄もお話もポップで、とても可愛く楽しい

2021/04/12

感想・レビューをもっと見る